幻想的な世界!数千頭のトナカイを追って、壮大な旅へ(動画)

その他哺乳類

サンタクロースのソリを引く動物として有名なトナカイは、北極圏を含む北半球の寒帯、亜寒帯地域に生息する鹿の一種です。

冬の間、森林地帯の雪の上で採食していますが、春の訪れを前にトナカイの集団は大移動を行います。


この映像はとても美しいので、ぜひ動画でも見てほしいぞぉ

「トナカイとサーミ人※の群れには、興奮が漂っています」
※サーミ人は、スカンジナビア半島北部及びロシア北部に居住する先住民族。

「この雪はまもなく消え、彼らには春の儀式が待っています」

「壮大な旅は始まったばかりです」

「トナカイたちは、雪が柔らかくなりすぎて走れなくなる前に、海岸沿いの餌場に到着する必要があるのです」

「北上するにつれて、春の雪解けがすぐ後ろを追いかけてきます」

「サンタの家が変わっていきます」

「雪解けは大変ですが、無駄にしている暇はありません。サンタさんたちは、どんどん進んでいきます」

「冬はもうすぐ終わります」

「サンタの旅は2週間ほどかかります」

「そして、雪解けが終わりに近づいた頃、ようやく彼らに追いつきます」

「太陽の暖かさが、この冬の大地を一変させます」

「そして、春が訪れます」


メガネフクロウ教授の付け足しメモ

トナカイは歩くとカチカチと音がするんじゃ

トナカイの膝は、歩くときにカチカチとクリック音を出すようになっています。この音は、小さな腱が足の骨の突起(中節骨)の上を滑ることで発生しています。音は大きく、数百メートル離れたところからでも聞こえることがあります。音の周波数は、トナカイの中での優位性を確立するための一連のシグナルの一つにもなっているそうです。

参考:Reindeer – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました