アパルーサホースがネズパース族の伝統を守っている理由(動画)

ウマ

ネイティブアメリカンのネズパース族は、歴史的にアパルーサという馬と深い繋がりがあります。

現代のネズパース族にとっても、アパルーサの群れと一緒に集まることは、時代を超えたものを尊重する機会であり、先祖や伝統を偲ぶために、馬をドレスアップしてパレードを行います。


(ナレーション)「長い時間と伝統を経て、人と馬の境界線は曖昧になり始める」

(ナレーション)「マクファーランドの家族にとって、アパルーサの群れと集うことは、時を超えた何かを尊重する機会なのです」

(女性)「私たちは今日、馬を飼っているこの土地、私たちのシケムで短い祈りのために集まりました」

(女性)「そして、馬を使ってドレスアップしたり、パレードをしたり、受け継がれてきたものや新しいものを持ち出すことができることに、ただただ感謝しています」

(画面の女性)「これは母の帽子です」

(画面の女性)「このドレスは曾祖母のものだと思う。なんかカッコいい」

(画面の女性)「なぜかわからないけど、着るとカッコよくなるんです」

(女性)「全てにストーリーがあるんです」

(女性)「シケムやアパローザ、モーメンだけでなく、馬を育て、馬の道を教えてくれた先人たちに敬意を表しているんです」

(女性)「あなたが身に着けているもの、そしてあなたという人間に貢献したすべての人たちです」

(女性)「祖母や母と一緒に馬に乗って旅をした幼い頃の思い出がたくさん浮かんできます」

(女性)「この踏みならされてできた道は、何世紀にもわたって私たちの祖先が使ってきたものです」

(女性)「私たちは大きな創造物のパズルの一部に過ぎないのです。私たちには共有すべきものがあり、継続すべき重要なものがあります」

(女性)「私たちには共通の言語があり、祖国があります」

(女性)「しかし、馬はいつでも、私たちを本当の意味で結びつける努力の一部なのです」

(女性)「そしてもちろん、私たちにとって、アパルーサは絆であり、アパルーサへの愛は世界中の人々と共有されています」

ネズパース族の人々にとって、この馬こそが伝統そのものなんじゃな

コメント

タイトルとURLをコピーしました