“標本は取り戻せない”ウクライナの科学者たちの戦い

動物の真面目な話

2022年2月24日、ロシアがウクライナに対して全面的な軍事進攻を開始しました。

ウクライナの科学者たちは、かけがえのないコレクションを戦火から守るために戦っています。


\NTTが提供する光回線【フレッツ光】/

冬眠中のコウモリを放す

2月24日の朝、自然保護生物学者のアントン・ブラシェンコ氏は、ウクライナのハリコフにある自宅アパートで、外から聞こえる砲撃の音で目を覚ましました。彼は朝食を食べると、ウクライナコウモリリハビリテーションセンターに向かいます。この種の施設としては東欧で最大規模のものです。「帰れるかどうか、この先どうなるかわからない。しかし、戦争が始まったことは理解していましたし、何かしなければならないと思っていました」

街の停電を心配しながら、ブラシェンコ氏は24時間かけて、センターの冷蔵庫で冬眠していた数百匹のコウモリを専用のケージに移し替え、放しました。コウモリたちが残りの冬を過ごす場所を求めて極寒の夜の街に飛び出した時、街角から銃声が聞こえてきたのです。

その時、ブラシェンコ氏はセンターが所蔵する2000個以上のコウモリの頭蓋骨を、新聞紙で丁寧に包み、ラベルを貼って番号のついたマッチ箱に入れて、徒歩1時間のところにある自分のアパートに移動させました。1週間以上経った今でも、急な移動に備え、ビニール袋に包まれたまま玄関に置かれています。また、病気で放すことができないコウモリを保護し、家に持ち帰りました。

「2日前、家の近くで大爆発があったんだ」ブラシェンコ氏は今週、アパートから電話で話しました。「いつ何が起こるかわからない」

携帯電話でニュースを流しながら、小さなコウモリを手にするアントン・ブラシェンコ氏

「戦争が終わるまでコレクションを隠し、保管しなければならないのです」

戦争が激化する中、ブラシェンコ氏とウクライナ中の研究者は、かけがえのない標本やコレクション、データを保護し、隠し、避難させるために奮闘しています。あるグループは化石の3Dスキャンを海外の同僚に向けてアップロードしており、ウクライナの科学・文化コレクションのデジタルデータを国外のサーバーに保存するための緩やかな国際的取り組みが始まっています。

遺産専門家にとって、ウクライナの科学コレクションや文化財に対する脅威は、イラク、シリア、マリなどにおける最近の紛争から、恐ろしいほど身近に感じられるものです。「博物館をどう守るか?建物やインフラを移動させることはできません」とユネスコ世界遺産センターのラザール・エロンドゥ・アソモ所長は言います。「戦争が終わるまでコレクションを隠し、保管しなければならないのです」

ウクライナ国立歴史博物館

ロシアの侵攻が始まった数日後のブログ記事で、ウクライナ国立歴史博物館のフェディール・アンドロシュチュク館長は、キエフ中心部にある彼の博物館や国中の他の博物館がまさにそれを行い、スキタイの武器や最後の氷河期のマンモスの牙のブレスレットなどの遺物を解体して、安全に保管できる場所に移動したと述べました。アンドロシュチュク氏は、「ロケット砲撃、砲撃、爆撃による最終的な被害」を恐れている、と今週サイエンス誌に電子メールで書いています。「ウクライナの遺産が安全であるという保証はありません」

戦争の初期には、キエフはすぐに陥落すると予測する人もいましたが、博物館の職員にどれだけの時間が残されているのかはわかりませんでした。デンマーク・オーフスにあるモエスゴー博物館のマッズ・ホルスト館長は、戦争が始まって以来、アンドロシュチュク氏と連絡を取り合っています。「彼らは時間と闘っていました。彼らには非常に明確な仕事があり、勇気を持ってそれを実行しました」

貴重なコレクション

ホルスト館長が「幸運な偶然」と呼ぶように、ウクライナ国立歴史博物館と地方の博物館から1000点を超える展示品が、「ルス-東方のヴァイキング」という展示のためにすでに彼の博物館へ輸送されてきていたのです。「埋葬品や貯蔵品など、かなり重要なものばかりです」とホルスト館長は言います。「その出所や歴史については、まだ調査・研究すべきことがたくさんあります」

「ウクライナ人の多くは、キエフがバイキングの交易拠点として建設された紀元前800年から1050年の期間を、自国のアイデンティティの始まりとみなしています。これらの遺物は、ウクライナが独立した歴史的アイデンティティを持つことが許されるかどうかをめぐる対立の一部となっています」とホルスト館長は説明します。

\遺伝子組み換え原材料・着色料・香料不使用/

化石をスキャンし、3Dアーカイブデータを転送する

他の研究者は、弱いインターネット接続を利用して、コレクションをデジタルで保存しています。キエフのシュマルハウゼン動物学研究所の進化動物学者であるパヴェル・ゴルディン氏は、今のところ最前線から遠く離れたウクライナ南西部の都市チェルニヴツィにいます。しかし、彼は鯨類の進化を研究しており、その研究の一部はウクライナやその他の地域で産出される10メートル以上の巨大な化石に依存しています。これらの化石は移動、避難、金庫への収納がほぼ不可能です。

シュマルハウゼン動物学研究所

この2年間は、ウクライナ各地にある4000万年から700万年前の海洋哺乳類の化石をスキャンするプロジェクトを主導しました。「絶滅した標本や現存する標本の3Dアーカイブを作成し、中にはユニークなものもありました。私たちのアーカイブは4テラバイトのデータで、非常に大きなコレクションです」

戦争が勃発したとき、スキャンデータはほとんどキエフとハリコフのハードディスクに保存されていました。少なくともスキャンデータだけは残そうと、ハリコフにいるゴルディンの学生の1人は、ロシアの砲撃の中、フランスの同僚にデータを転送しています。「彼はインターネットに接続できるときは、ファイルをアップロードしています。しかし、ハリコフでは砲撃が続いており、彼は多くの危険にさらされています」とゴルディン氏は言います。

第二次世界大戦中、ミュンヘンやミラノ、キエフの博物館にあった無数の化石が、爆撃や火災で焼失したような惨事を、再び古生物学が経験しないよう、ゴルディーン氏は願っているのです。「私たちは勝つと思います」と彼は言います。「もう一度、やり直せると思います」

ウクライナ国外からインターネットを経由した支援

ウクライナ国外では、ヨーロッパやアメリカの有志が「Saving Ukrainian Cultural Heritage Online」(SCHO)を立ち上げています。侵攻の数日後に、デジタル化された音楽コレクションを保存するために始まったこのプロジェクトは、すぐに地元の小さな考古学博物館、主要な公文書館、希少本のコレクションなど1000以上のウクライナの文化科学機関のオンラインリポジトリを保存するための取り組みに変わりました。

数日のうちに、世界中のアーキビスト、図書館員、プログラマーが、ウクライナの文化機関のウェブサイトを完全にコピーし始めたのです。自動化されたコンピュータプログラムとボランティアの手作業によるファイルのコピーで、雑誌記事のPDFや貴重書のスキャン、博物館コレクションの3Dツアーなど、オンライン上のあらゆるものを一掃し始めたのです。

この作業の緊急性はすぐに明らかになりました。作業を始めてから数日後、SCHOのボランティアは、ハリコフ国立公文書館のウェブサイトから105ギガバイトのデータを取り込みました。ウィーンのAustrian Center for Digital Humanities and Cultural HeritageでITコンサルタントをしている歴史家のセバスチャン・マジストロヴィッチ氏は、「4時間後、ウェブサイト全体がダウンしてしまった」と言います。「インターネットの仕組み上、ウクライナと何らかの形で結びついているものはすべて危険にさらされています」

ウクライナのインターネット・インフラがますます圧力を受けているため、「私たちは、できる限り多くのものを手に入れることに集中しています」と、マジストロヴィッチ氏は言います。「本当の脅威は、ウクライナのサーバーが破壊されたり、単に接続が切れたりすることです」これまでに、5テラバイト以上のデータが国外のサーバーに保存され、さらに多くのファイルがインターネットアーカイブに保存されています。その他、ドイツ考古学研究所や、同国の文化や歴史に焦点を当てたハーバード大学のウクライナ研究所などが、ウクライナの個々の研究者がデータや研究資料をアップロードできるよう、安全なストレージを提供しています。

例えば、ウクライナ国立科学アカデミー考古学研究所のアルテム・ボリソフ氏は、SUCHOやドイツ考古学研究所の同僚と協力して、チェルカシュ地方博物館のハードディスクから100GBを超える発掘図面、写真、空間データなどをウクライナ国外の安全なサーバーにアップロードしています。この転送には、ヤムナヤ文化の最盛期である紀元前3000年から2300年にかけての集落や古墳に関する数十年にわたるフィールドワークで得られた文書が含まれています。この遊牧民は、ウクライナとロシアの草原で生まれ、その後広がり、ヨーロッパのほとんどの人々に永続的な遺伝的痕跡を残しました。

その中には、ロズ川のほとりで最近行われた紀元前10世紀の墓地発掘の記録も含まれています。オストリヴと呼ばれるこの墓地は、はるか北や西のバルト海東部に住んでいた人々のもののようで、ウクライナの起源がバイキング時代にあるという物語のもう一つの筋です。ボリソフ氏は今週初め、電子メールで「データの大半は、過去15年間の現地調査報告書を含むアーカイブからの文書のコピーです」と書いています。「データの転送速度が非常に低いため、この作業はまだ継続中です」

\国内シェアNo.1、サーバー速度No.1/

命がけで標本を守る

ハリコフに戻りましょう。ブラシェンコ氏のコウモリセンターは、これまでに数枚の窓が失われただけで、電源はまだ入っています。免疫学、寄生虫学、気候学の研究にとってかけがえのない標本コレクションであるコウモリの死骸が詰まった7つの冷凍庫を確認するため、ブラシェンコ氏は激戦地の街を徒歩で定期的に”襲撃”しているのです。同センターの獣医師と数名のボランティアは、病気で放すことができないコウモリに餌を与え、世話をするために街に滞在しています。

これらのコレクションは、数十年にわたる研究の成果であり、戦後ウクライナの科学が復興するための希望でもあるのです。1990年代後半からハリコフ周辺のコウモリは長距離を移動するのではなく、定住するようになり、頭蓋骨は都市生活がどのように変化したかを知る手がかりになるかもしれない、とヴラシェンコ氏は言います。

「このようなことが起こったとき、生き残った標本は将来の研究にとって非常に重要です。新しい装置を買ったり、新しい建物を建てたりすることはできても、個々の標本を取り戻すことはできないのです」

via: “You can’t get back specimens”: Ukrainian scientists rush to save irreplaceable collections | Science | AAAS
reference: ウクライナ国立歴史博物館 / ウクライナ 【TAVITT AIR】旅行提案APP

戦争に屈しない科学者たちの執念を感じる

ぜひこの戦いに勝利して欲しいものじゃ

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました