犬に感情はあるのか?友人を失った悲しみを行動で表現するという研究結果

イヌ

犬に人間のような感情があるのか?犬をペットとして飼ったことがある人ならば誰もが”YES”と答えるでしょう。

しかし、動物の感情を科学的に証明することは難しく、これまで様々な研究が行われてきました。今回、友人を失った”悲しみ”の感情表現についての研究結果が発表されたのでご紹介します。


\NTTが提供する光回線【フレッツ光】/

仲間を失ったとき、犬は悲しみに暮れる行動をとることがあります

犬は相棒の犬を失うと悲しむかもしれないことが、新しい研究で明らかになりました。

イタリアの研究者による新しい研究によると、家庭内で飼っている別の犬が亡くなった後に犬が見せる行動や感情の変化は、悲しみのサインである可能性があるということです。

悲嘆に似た行動は他の動物でも研究され報告されていますが、ペットの犬が悲嘆にくれるかどうかは不明でした。

ミラノ大学の獣医師であるフェデリカ・ピローネ氏は、「私たちの研究のきっかけは、家庭犬の複雑な感情、特に悲しみという、少なくとも私たち人間にとっては、まだ非常に不明瞭な側面を明らかにしたいという共通の意志でした」と語っています。

「一般的に、人間以外の動物の感情を探ることは非常に難しく、そのため科学者にとっての挑戦であり続けています。類人猿、クジラ、イルカ、ゾウ、鳥類などの他の社会的種は、悲しみの表現を見ることができる死の儀式を行うことが報告されています。犬に関しては、現在のところ証拠は乏しく、主に逸話的なものです」

彼らの研究のために、科学者たちは、少なくとも2匹の犬を飼っていて、片方が生きている間にもう片方が死んだことがあるイタリアの犬の飼い主426人を調査しました。

その際、犬の特徴、犬同士の関係、生存している犬の行動や感情に変化があったかどうかなどを質問しています。また、飼い主には、ペットへの愛着の度合い、愛犬が亡くなったときの苦しみを尋ね、人生と悲しみ、動物や感情の捉え方についての質問にも答えてもらいました。

「しがみつき」「睡眠」「食事」の変化

その結果、86%の飼い主が、ペットの死後、生存しているペットの行動に変化があったことを報告していることがわかりました。また、約3分の1が2カ月から6カ月、4分の1が6カ月以上続いたと回答しています。

その変化は、より不機嫌になったり、睡眠や食事の習慣が変わったりと、多岐にわたります。また、約3分の2(67%)が「より注意を引くようになった」、57%が「遊びが減った」、46%が「活動的でなくなった」と答えています。また、3分の1以上が「睡眠時間が長くなり、恐怖心が強くなった」と答え、32%が「食事量が減った」、30%が「以前より泣き声や吠え声が大きくなった」と答えています。

「生存した動物は、より注意を引き、食べる量や遊ぶ量が減ったと報告されています。全体として、相手の犬が生きていたときよりも活動的でなくなっていました」とピローネ氏は言います。「しかし、こうした変化は、2頭の犬が特に友好的、あるいは親密な関係で結ばれていた場合にのみ起こりました。つまり、彼らの絆の質が、それらに影響を与える主な要因だったのです」

この研究結果は、”Scientific Reports”に掲載されました。

\安心・便利なコンタクトレンズ通販/

関係性の重要性

研究者たちは、犬たちの同居期間の長さと、生き残った犬の反応には関連がないことを発見しました。しかし、犬が亡くなったペットと友好的な関係にあった場合や、飼い主が明らかな悲しみを見せた場合、生き残ったペットはネガティブな行動変化を示し、恐怖心を抱く可能性が高くなりました。

「一般に、亡くなった犬の飼い主の反応や感情は、生き残った犬の行動に影響を与える可能性があります」とピローネ氏は言います。

「しかし、本研究では、飼い主は動物との関わり方や生死を表す方法を示しており、それは共伴者の死後の犬の行動の変化とは相関していませんでした。このことは、報告されたこれらの変化は、飼い主自身の喪失に対する感情や記憶とは無関係に、おそらくは同種の動物の喪失によって生じた実際の行動の変化を反映していることを示すものとして重要です」

犬同士の関係の質や、食べ物をよく共有していたかどうかが、犬の一匹が死んだ時のネガティブな行動変化とよく一致することを、研究者は発見しました。

「一方、2頭の犬が一緒に過ごした時間は、生き残った犬の行動に影響を与えませんでした」とピローネ氏は言います。「飼い主の悲しみや怒りは、生き残った犬の行動を以前よりも怖いと表現する可能性を高めることがわかりました」

このように、犬が悲しみによって変化する可能性があることを知ることは、研究者や飼い主の助けになります。

ピローネ氏はこのように指摘します。「今日、世界中で何百万もの家庭が複数の犬と一緒に暮らしています。したがって、犬の死によって呼び起こされる行動反応や感情を知ることは、犬の仲間を失うことによって実際に苦しむ危険性がある多くの動物の感情的ニーズを認識することができるようになるため、とても重要なことです」

via: Dogs May Show Grieving Behavior When They Lose a Buddy (treehugger.com)

当然のように犬が感情を持っていると信じている人は多いと思うが、科学的に研究されることも大事なことなんじゃ


メガネフクロウ教授の付け足しメモ

最後に、車に轢かれて死んだ兄弟犬を埋葬していた犬の動画を紹介するぞ

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました