「ウクライナが生物兵器開発を行っている」というロシアの主張に真っ向から反論する科学者たち

動物の真面目な話

2022年3月11日、ウクライナに侵攻中のロシアは、アメリカの資金提供によってウクライナ国内で生物兵器開発が行われていると主張しました。

ウクライナの研究者たちはこのロシアによる偽情報を真っ向から否定します。この偽情報の矛先には、以前紹介したコウモリリハビリテーションセンターのブラシェンコ氏も含まれています。


以前の記事はこちらをご覧ください。

\コンパクトで工事不要/

「ロシア人は嘘だと知っているはずだ」ウクライナのコウモリ研究が生物兵器であるという嘘のストーリー

2020年、ドイツの研究者たちは、ウクライナの研究者たちと協力して、コウモリの寄生虫(主にダニやノミなどの吸血動物)の調査を開始した。ウクライナのコウモリがどのような種類の細菌を保有しているかを知り、人間の健康に対する潜在的な脅威を特定するための最初のステップとしたかったのだ。ハリコフにある実験・臨床獣医学研究所の研究者たちは、東ウクライナで捕獲したコウモリから140匹のノミ、ダニ、ハエを採取した。この寄生虫をエタノールで溺死させ、ドイツのグライフスワルトにあるフリードリヒ・レフラー研究所(FLI)に輸送した。

そこで寄生虫のDNAから、マダニが媒介する一般的な細菌であるリケッチアなどの病原体の正体が判明した。結果は2021年に開催されたドイツ獣医学会で発表された。共同研究のリーダーであるFLIの獣医寄生虫学者コルネリア・シラギ氏は、「非常に基礎的な疫学研究でした」と話す。

Dr. Cornelia Silaghi
コルネリア・シラギ氏
Prof. Dr. Cornelia Silaghi: Friedrich-Loeffler-Institut (fli.de)

それだけに、3月10日にロシア国防省の高官が、この研究は欧米が資金提供する極秘の生物兵器開発の一環であると主張したときには、ショックと困惑を覚えた。ロシア国営テレビとニュースサイトは国防省の報告を引用し、この研究は、病気にかかった鳥、コウモリ、爬虫類を国境を越えて送り、ロシア人に感染させようという、米国の援助によるウクライナの陰謀であると伝えたのである。今週、ロシアのプーチン大統領自身が、ウクライナにある何十もの研究所が、ペンタゴンの指示と財政支援のもとにコロナウイルス、炭疽菌、コレラの実験を行っている、と語ったのである。

シラギ氏の率直な協力は、たちまち偽情報の嵐の目となった。いくつかの事実が虚偽の告発へと紡がれ、瞬く間にソーシャルメディアを通じて増幅・拡散され、Fox Newsで繰り返され、QAnonフォーラムで議論されたのである。ロシア当局は証拠とされるものとして、シラギ氏の研究所とハリコフ獣医学研究所との間のサンプル譲渡契約書の粗い画像を掲載した。

キングス・カレッジ・ロンドンのバイオセキュリティ専門家フィリッパ・レンゾス氏は、「これこそ偽情報が機能する理由です。もし、十分な疑いを植え付けることができれば、人々は疑問を持ち始めるでしょう」

Dr Filippa Lentzos (@FilippaLentzos) / Twitter
フィリッパ・レンゾス氏
Dr Filippa Lentzosさん (@FilippaLentzos) / Twitter

ロシアは基礎研究に対する偽情報を広める努力を続けている。3月11日、ウクライナの”生物兵器”研究の疑いについて話し合うためにロシア代表が招集した国連安全保障理事会の会合で、外交官のヴァシリー・ネベンジア氏は「コウモリは生物兵器の可能性を持つ物質のキャリアと考えられていた」と主張し、サンプル譲渡契約書を証拠として提示した。ネベンジア氏は安保理で、「これらの危険な生体物質の運命や、それらが”消滅”した後に起こりうる結果について、我々は何も知らない」と述べた。「テロ目的で盗まれたり、闇市で売られたりするリスクは高い」

証拠とされる資料を提示するロシアのヴァシリー・ネベンジア国連大使

「くだらない」とシラギ氏は言う。「私の冷凍庫にあるのだから。それに、病原菌を撒き散らすようなこともない」と彼女は説明する。寄生虫を殺して保存するためのエタノールは、病原体をも破壊し、配列決定のための遺伝物質だけを無傷のまま残す。このプロジェクトは、米国からの資金援助を受けていない。「確かに、私たちは外部寄生虫を研究し、サンプルを受け取りました」とシラギ氏は言う。「しかし、これを生物兵器と呼ぶのは、完全に狂っています」

シラギ氏は、ロシア国防省がどのようにして、この定期的な譲渡契約書を入手したのか、まだ知らない。ハリコフに住む生物学者でこのプロジェクトの共同研究者であるアントン・ブラシェンコ氏は、チームのメールアカウントの1つがロシア人にハッキングされたのではないかと疑っている。

Anton VLASCHENKO | Professor (Associate) | MSc / PhD / DrSci | H.S.  Skovoroda Kharkiv National Pedagogical University, Kharkiv | Department of  Zoology - Page 4
アントン・ヴラシェンコ氏
Anton VLASCHENKO | Professor (Associate) | MSc / PhD / DrSci | H.S. Skovoroda Kharkiv National Pedagogical University, Kharkiv | Department of Zoology – Page 4 (researchgate.net)

ネベンジア氏のスピーチには、もう一つの古典的な偽情報戦術があった。数十年前の無関係な生物兵器違反(この場合は第二次世界大戦時代の日本のノミとダニに関する研究)を持ち出すことである。一方、コウモリを利用すれば、COVID-19の起源に対する漠然とした不安を払拭できるかもしれない、とレンゾス氏は言う。「人々は……『他に知らないことはないだろうか』と考え始めるのです。そのすべてが絡み合って、多くの不安を引き起こすのです」

他のウクライナの研究者も偽情報キャンペーンに巻き込まれた。ハリコフの獣医学研究所は、米国国防総省(DOD)の生物脅威削減プログラム(BTRP)を通じて資金援助を受けている研究機関の大きなネットワークの一部である。BTRPは、ソ連時代の生物・化学・核兵器研究の残骸を保護するために、研究所を解体し、ソ連の兵器科学者に別の仕事を与えるという数十年来の取り組みである。その後、2014年までロシアの研究所が参加していたこのプログラムは、世界保健機関や米国疾病対策センターと協力し、旧ソ連全域の公衆衛生と疾病監視の取り組みに姿を変えた。「このアメリカから資金提供された研究組織について、ロシアが論じるようになった」と、レンゾス氏は言う。

国防総省によると、BTRPは2005年以来、ウクライナの科学者に2億ドルの資金を提供している。このプログラムとのつながりが薄い研究所も、偽情報工作のターゲットにされている。例えば、ロシアの報道では、V.N.カラジン・ハリコフ国立大学の爬虫類学者で、過去にハリコフ獣医学研究所と共同研究を行ったオレクサンドル・ジネンコ氏による毒蛇の腸内マイクロバイオームに関する研究を、毒蛇研究は独自のプロジェクトであるにもかかわらず「生物兵器研究」と表現している。「毒蛇の腸内に存在する微生物はどれも特別危険なものではありません」とジネンコ氏は言う。

ジネンコ氏は、爬虫類や両生類の病気に関する彼の研究は、「どれも秘密ではない」と付け加えた。年次報告書や学会のポスターはネット上で「完全に公開」されているのだ。

ハリコフでウクライナコウモリリハビリテーションセンターを運営するヴラシェンコ氏は、ハリコフがウクライナの手にある限り、彼らの調査活動を脅威的なものに変えようという試みは笑い話にしか思えないという。「生物兵器に必要な遺伝子研究室はない。ロシア人から『こんな研究をしている』と聞かされるのは、とても滑稽なことだ」と彼は言う。しかし、もし街が占領されたら、捕らえられて拷問され、”ある種の自白 “をさせられるのではないかと、ヴラシェンコ氏は心配する。

匿名アカウントから不穏なメールを受け取っているシラギ氏にとって、この体験は深く不安なものだった。あるメールは、彼女がナチスの科学者のように振る舞っているとほのめかしている。「もちろん、第三帝国と同じように、不謹慎な学者が関与している」という内容だ。

「ほとんどばかげたことで非難されるのは、とても奇妙なことです」とシラギ氏は言う。「ロシア人はそれが嘘だと知っているに違いない 」と。

via: ‘The Russians must know it’s a lie.’ Ukrainian bat research spun into a false tale of bioweapons | Science | AAAS

コメント

タイトルとURLをコピーしました