ちょっと待って!毒を持っている鳥がいるって本当?危険な毒を持つ鳥ランキング

動物紹介

あまり一般的ではありませんが、毒を持つ鳥は一握りだけ存在します。しかし、頭上を通過する群れを見たとしても、それほど心配することはないでしょう。これらの鳥の多くは、目立たず、控えめな生活を送っています。過去には人間にとって危険な鳥もいましたが、現代科学のおかげで、私たちの食卓に載せても安全なものがかなりわかってきました。

ここでは、最も危険な毒を持つ鳥をランキング形式でご紹介します。毒を持つ鳥がどのように毒を獲得するのか、そして最も危険な鳥はどの鳥なのか、最後までご覧ください。


\高額査定の最大3社のみと交渉!電話ラッシュなし!/

“毒”の定義(Poison vs. Venom)

注釈:毒

英語では毒を”Poison”、”Venom”、”Toxin”などと分けて呼ぶことがありますが、以降は鳥が持つ受動的な毒(Poison)についてのお話になります。

毒を持つ魅力的な鳥について詳しく知る前に、いくつかの重要な単語を復習しておきましょう。Poison(毒)を持つ動物も、Venom(毒腺)を持つ動物も、防御のために毒素を使いますが、両者には明確な違いがあります。Venom(毒)は噛まれたり刺されたりすることで注入されます(毒蛇、スズメバチ、クモ…)。一方、Poison(毒腺)は触ったり食べたりといった、より受動的な接触によって伝達されます(ツタウルシ、オオカバマダラ、ヤドクガエルなど)。

鳥類はどのようにして毒を持つようになるのか?

動物が毒を持つようになる方法はいくつかあります。あるものは自分自身で毒素を作り出すことができ、分泌のための特定の腺や器官を持っています。また、他の生物から毒を取り込み、適応するものもいます。ほとんどの場合、毒素を消費して再利用し、特定の腺に限定されるのではなく、体全体に分布させることになります。多くの昆虫や両生類が捕食者から身を守るために独自の毒素を生成させるのに対し、ほとんどの毒を持つ鳥は食事から毒素を取り込んでいます。

\2年連続グッドデザイン賞受賞用/

鳥自身は毒で死んでしまわないのか?

毒を持つ鳥がどうして毒殺されないのか、疑問に思うかもしれません。ピトフーイのような毒を持つ鳥は、毒が動物自体に害を及ぼす前に、毒を吸収する特定のタンパク質を持っていることが多いのです。これは「毒性スポンジ」と呼ばれ、毒を羽や皮膚、組織内にとどめ、毒の影響から鳥を守っています。

毒を持つ鳥ランキング

ここ数十年の研究の結果、毒を持つ鳥は世界中で進化してきたことがわかりました。毒を持つ鳥の例は、鳥類の分類を越えて現れており、収斂進化※を遂げていることがわかります。つまり、毒を持つ鳥はすべて同じ属や科に属しているわけではないのです。鳥類のいくつかの異なる系統は、独立して化学的防御システムを発達させてきました。以下では、最も危険な鳥をランキング形式でご紹介するので、何に気をつければいいのかがわかるでしょう。

注釈:収斂進化

収斂進化(しゅうれんしんか)は、複数の異なるグループの生物が、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず類似した形質を独立に獲得する現象のことです。

\遺伝子組み換え原材料・着色料・香料不使用/

7位 ベニアメリカムシクイ

メキシコの高地に生息するベニアメリカムシクイ(Cardellina rubra)。長い間、この小鳥は、その美しい羽毛と気難しさ以外、何の変哲もない存在でしたが、古代アステカ族はもっと良く知っていました。ギニアの先住民がピトフーイという鳥を避けていたのと同じように、アステカ族は赤い小鳥を食用に適さないと記録していたのです。 この説を検証するために、科学者たちはベニアメリカムシクイの羽のエキスを実験用のネズミに注射しました。すると、ネズミはすぐに興奮し、多動と不活動を交互に繰り返しました。

毒について

毒素は2種類のアルカロイドが混在しているようです。しかし、具体的な化学物質を特定するためには、さらなる研究が必要です。この鳥は完全な食虫性であるため、毒は食料にしている有毒な虫に由来する可能性が高いと思われます。

ベニアメリカムシクイ

6位 ピトフーイ

パプアニューギニアの熱帯雨林に生息するピトフーイ(Pitohui dichrous)は、最初に発見された毒鳥の1つです。愛らしい錆びたオレンジ色で、頭、翼、尾に大胆な黒い羽毛があります。この鳥の毒は食餌に由来します。この鳥は、毒を持つ昆虫を食べますが、これは一部のヤドクガエルの毒の原因となる昆虫と同じです。パプアニューギニアの先住民は、ピトフーイを「ゴミのような鳥」と呼んでいます。

毒について

ピトフーイの羽毛や皮膚には、ホモバトラコトキシンと呼ばれるステロイド系アルカロイドが含まれています。羽毛に最も多く含まれていることから、シラミやダニなどの寄生虫を寄せ付けない効果があるようです。

1988年、ジャック・ダンバッカーは、ピトフーイの毒を発見する際、かすみ網からピトフーイを離した後、手が火傷していることに気が付きました。さらに彼は、羽の切り抜き部分を口にくわえて、自分の説を検証したのです。科学は犠牲の上に成り立っています。

ピトフーイ
\コンパクトで工事不要/

5位 チャイロモズツグミ

ピトフーイと並んで鳥類の毒性研究で注目されたのが、オーストラリアの小さな鳴禽類(めいきんるい)、チャイロモズツグミ(Colluricincla megarhyncha)です。しかし、毒があることが確認されたのは数個体のみで、種全体の現象ではないので、毒は食性に基づくという説が有力とされています。この鳥は特定の餌を食べたときだけ毒を持つようになるのです。

毒について

バトラコトキシンは、ピトフーイが食べる昆虫や植物と同じものである可能性が高い。

チャイロモズツグミ

4位 ニジハバト

ニジハバトの毒性は、ちょっとした超能力のようです。オーストラリア南西部に生息するこの小鳥は、その土地固有の生態系の代弁者としての役割を担っています。これまで何度も見てきたように、人間がある生息地に外来種の捕食者を持ち込むと、しばしば在来種の生態系に問題を引き起こすことがあります。私たちが飼っている猫や犬は、しばしばその犯人であり、多くの場合、動物の絶滅の一因となっています(例:ドードー鳥)。 しかし、犬や猫には注意が必要です!ニジハバトには防御力があります。多くの動物と同じように、このハトもガストロロビウムという植物を食べています。しかし、この植物には、他の動物にとって致命的な化学物質が含まれているのです。

毒について

フルオロ酢酸という毒が細胞呼吸を阻害し、激しい腹痛から死に至るまで、さまざまな反応を引き起こします。

ニジハバト
\高額査定の最大3社のみと交渉!電話ラッシュなし!/

3位 エリマキライチョウ

北米のハンターは、このリストにエリマキライチョウ(Bonasa umbellus)が入っていることに驚かれることでしょう。多くの鳥類ハンターは、ライチョウを食卓に出すことが多いのです。実際、18世紀から19世紀にかけて、ライチョウの中毒が報告されるようになりました。ライチョウの毒は、医師が観察したところ、吐き気、嘔吐、視力障害などの症状がありました。では、何が原因だったのか、そしてなぜ現代では問題になっていないのでしょうか?

毒について

エリマキライチョウ中毒の有力な説は、意外にもその食性にあります。ライチョウは冬になると、化学物質のアンドロメドトキシンとアルブチンを含むアメリカシャクナゲの芽をよく食べに行きます。哺乳類には有毒ですが、ライチョウには影響がないようです。現在、ライチョウの毒にやられる人がいないのは、近年の狩猟規制のおかげです。ライチョウは冬から春にかけては狩猟できないため、ハンターは毒を持つ鳥が最も危険な時期を図らずも避けることになったのです。

エリマキライチョウ

2位 ツメバガン

“奇妙な鳥”ということで印象に残るのがツメバガン(Plectropterus g. gambensis)です。この大型の鳥は体重が9kgにもなり、非常に攻撃的です。縄張りを守るための武器も持っています。両足の先には鋭い突起があり、侵入者に対してそれを振りかざすのです。全てのツメバガンは威嚇的ですが、毒を持っているのは一部の個体群だけです。ガンビアでは、ツメバガンは毒を持つマメコガネを食べることが多いのですが、彼らは毒に免疫がある一方で、その肉には毒が染み込んでいるのです。

毒について

この毒素は、カンタリジンというテルペノイド化合物です。

ツメバガン

1位 ヨーロッパウズラ

ヨーロッパウズラは、毒を持つ鳥ランキングでトップに位置します。見た目は毒々しいというより、ふわふわのサッカーボールに似ていますが、このウズラを夕食に出すのはお勧めできません。 この鳥は、おそらく最も多くの人々に影響を及ぼしています。実際、ウズラ中毒の危険性は、「コターニズム(Coturnism)」という固有の単語で呼ばれるほど高まっています。ライチョウと同様、ウズラは食餌から毒を摂取しますが、それは季節的なものです。場所にもよりますが、ウズラが危険なのは春と秋の渡りの時期だけです。それ以外の季節は、食べても全く問題ありません。

毒について

毒の起源については議論がありますが、現在のところ、ウズラがハッカ科の植物スラキス・アニュア(Stachys annua)の有毒な種子を食べるという説が有力となっています。コターニズムによる病気は、衰弱や筋肉痛から麻痺を引き起こし、嘔吐、腎不全、心停止、そして死に至ることもあります。

ヨーロッパウズラ

偶然か、それとも防衛のためか?

ニジハバトのように、毒素を取り込むために有利に進化した毒鳥がいる一方で、ツメバガンのように、もう少しランダムな進化を遂げた毒鳥もいるようである。しかし、どの種も毒の恩恵を受けている可能性が高いです。毒を持つ鳥は誰も食べたがらないし、捕食者も鳥に噛まれると病気になることをすぐに学習するからです。

via: Wait, There Are Poisonous Birds? • Earth.com

ワシは自分に害が無いとわかったとしても、毒がある植物や昆虫を食べるのは嫌じゃぞ

コメント

  1. 10番がすごい

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました