人間に救われた野生のゾウが、彼女を救った人々に会わせるため子ゾウを連れてやってきた

ゾウ

ゾウのロイジュクにとって、家族ほど大切なものはありません。特に今、彼女は自分の家族を作ろうとしています。

2006年、ロイジュクは生後わずか5カ月でひとりぼっちになっていたところを、ケニアのSheldrick Wildlife Trust(SWT)に保護され、野生に帰れる年齢になるまでSWTの手によって育てられました。


SHELDRICK WILDLIFE TRUST

それから何年も経ちましたが、ロイジュクは今でも人間の家族と深い絆で結ばれており、毎月のように孤児院の敷地を訪れています。しかし、9月になるとロイジュクは生まれたばかりの子ゾウを連れてやってきて、かつての保護者たちを驚かせました。

このゾウの母親は、自分の赤ちゃんを早く見せたくて仕方がないようでした。リリと名付けられた子ゾウは、まだ生まれてから数時間しか経っておらず、おそらく前夜に生まれたのでしょう。

ロイジュクは、自分を助けてくれた人たちへの恩を決して忘れません。そして、飼育係長のベンジャミン・キャロ氏を招いて、生まれたばかりの子ゾウと特別な時間を過ごすことにしたのです。

SHELDRICK WILDLIFE TRUST

SWTのエグゼクティブディレクターであるロブ・ブランドフォード氏は、「ベンジャミンは(自分の脚に寄り添う)リリに近づき、生まれたばかりの繊細な肌をなで、鼻に息を吹きかけ、匂いによって自分が誰であるかを知らせることができました」と語っています。

「ゾウは驚異的な嗅覚と記憶力を持っており、飼育員はしばしば孤児の鼻に息を吹きかけ、自分が誰であるかを認識できるようにします」

ロイジュクとリリの感動的な訪問の動画はこちらで見ることができます。

やってきた当初はリリは足元がかなりふらついていましたが、1週間かけてどんどん強くなっていくのをキャロ氏は見ていました。

「ロイジュクはユニット周辺で生活しているため、飼育員が彼女を見守り、様子を確認することができます。9月はツァボでは乾季のピークで、生まれたばかりの赤ちゃんにはあまり良い環境ではありませんが、ロイジュクが孤児院の近くに戻ってきたことで、彼女が訪れたときに食事を補う手助けができることを嬉しく思っています」

SHELDRICK WILDLIFE TRUST

野生では、子ゾウは群れの中の親類のメスに助けてもらいながら育てられます。ロイジュクはリリを産む前には他の子象の乳母をやっていましたが、今は彼女の子象にも乳母がいて、ナセリアンとイスンバという2頭の野生の孤児がいます。

リリは生涯、母親の群れと一緒に暮らすことになりますが、もし困ったことがあれば、いつでも戻れる安全な場所があることを知ったのです。

リリは、SWTが育てたメスの孤児が産んだ31頭目の子ゾウで、現在は野生で暮らしており、絶滅危惧種であるゾウの希望の光となっています。

SHELDRICK WILDLIFE TRUST

「このような瞬間はとても重要です。一頭の孤児の命を救うことで、私たちはその孤児が成長するのを見届けるだけでなく、新たな家族がやってくるのを持つことができるのです。リリには多くの象よりも明るい未来が待っています。私たちは、この小さな女の子が野生で成長するのを見るのが楽しみです」

Sheldrick Wildlife Trustは、ケニアで孤児ゾウの救助と野生生物のリハビリテーションプログラムを運営しています。

reference: Elephant Introduces Her New Baby To The People Who Saved Her – The Dodo

ゾウは賢い動物じゃなぁ

こうして少しづつゾウの数がゾウカしてくれるといいのぉ

コメント

タイトルとURLをコピーしました