マイナーリーグの試合中にバット犬がフィールドへ乱入!→後日謝罪を表明

イヌ

どんなに訓練された犬でも、時に本能のままに走り回り、練習が水の泡になる瞬間があります。しかも、その瞬間は最悪のタイミングでやってきました。


バットドックのルーキー

ゴールデンレトリバーのルーキーは、マイナーリーグの「トレントン・サンダー」というチームで”バット犬”として働いています。”バット犬”というのはその名のとおり、試合中、バットを拾ってベンチまで運ぶのが仕事です。

この日は通常のホームスタジアムではなく、「バッファロー・バイソンズ」対「リーハイバレー・アイアンピッグス」の試合での仕事のため、サーレン・フィールドという球場に初めてやってきました。

しかし、新しい場所に来たことに興奮してしまったルーキーは、なんと試合中にフィールドへ乱入してしまいます。

ルーキーは戸惑うピッチャーの様子をうかがいながら、うれしそうに尻尾を振ってフィールドを走り回り、選手たちは一時中断を余儀なくされました。実況を担当するアナウンサーさえ戸惑う中、現地のファンは大盛り上がり。

結局、ルーキーは手招きされて所定の場所へと戻っていきました。

翌朝、失態を犯してしまったルーキーは、自身のツイッターで謝罪のコメントと共に、打席に立っていたキャバン選手との写真を投稿しました。

昨夜、バッファロー・バイソンズの友人であるキャバン・ビジオ選手の打席で、フィールドに飛び出してしまったことを謝罪したい。またバットを回収する仕事をもらえて、とても興奮していたんだ。キャバンとブルージェイズ※が怒っていないことを祈ります。#sorry

※バイソンズはメジャー球団のトロント・ブルージェイズ傘下です

その夜、バイソンズは試合に負けましたが、ルーキーの活躍?でファンが失望することはなかったでしょう。

reference: Crowd Goes Wild When Rookie The Bat Dog Crashes Minor League Baseball Game. (inspiremore.com)

可愛いは正義じゃな

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告をブロックするための拡張機能を使用していることを検知しました。
広告ブロックを無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、更新ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました