『百獣の王』ライオンを深く知るための9つの事実

動物紹介

ライオン百獣の王と呼ばれるように、サバンナ生態系の頂点に立つ動物です。力強い印象が広く認知されており、人間文化の中でも古くから強さの象徴として様々なシンボルに採用されてきました。

今回はライオンについて深く知るための9つの事実をご紹介します。


\最新の高速化技術をいち早く利用可能/

1. ライオンはアジアにも生息していた

人気者のライオンは世界中の動物園で会うことができますが、野生のライオンはアフリカ・サバンナの限られた地域にのみ生息しています。しかし、かつてはアフリカ全域に加え、アジアにも生息していました。

赤:かつての生息域、青:現在の生息域

現在アジアに生息するライオンは、インドライオンと呼ばれる亜種がインドのギル森林国立公園に500頭ほど生息しているだけとなっています。

インドライオン

2. ライオンはネコ科の動物

ご存知のとおりライオンはネコ科の動物です。ペットとして飼われている猫(イエネコ)との共通点はありますが、大きさから生態までそれほど近くはないかもしれません。

より近い種で言えば、同じヒョウ属の動物たちです。トラジャガーヒョウなどの大型ネコ科動物たちとは交配することも可能です。

オスのライオンとメスのトラの子供をライガー、逆にオスのトラとメスのライオンの子供をタイゴンと呼びます。レオポンはオスのヒョウとメスのライオンの子供です。

ライガーは外見的特徴はライオンに近く、ライオンやトラよりも大型化することが知られています。逆にタイゴンはトラのような体色となり、小型化する傾向があります。

こうした交雑種は自然界では確認されておらず、現在存在する個体は動物園などで人工的に交配させたものです。交雑種は生殖能力を持たないことが多く、一代限りの種になります。

現在では健康問題や倫理的な問題が指摘され、研究目的以外では別種間の交配は行われなくなっています。

\NTTが提供する光回線【フレッツ光】/

3. オスとメスでは大きさも見た目も違う

ライオンはネコ科動物の中ではトラに次いで2番目に大きな種です。また、雌雄間で身体的特徴がかなり異なります。

オスのライオンにはふさふさで大きなたてがみがありますが、メスにはありません。体の大きさは、オスが体長170~250cm体重150~225kgなのに対し、メスは体長120~182cm体重120~182kgと一回り小柄です。

4. ライオンは一度に40kgの肉を食べることができる

ライオンは肉食動物で、肉しか食べません。

普段はシマウマアンテロープヌーイボイノシシなど、陸上に生息する中型動物を狩ります。ゾウキリンなどの大型動物も、ケガをしたり病気になったりするとライオンの餌食になることがあります。また、他の捕食者であるヒョウチーターハイエナなどから獲物を横取りすることもあります。

生態系の頂点に立つハンターのライオンですが、実は狩りはそれほど上手ではなく、成功率は30%未満です。

ライオンは大食漢で、1回の食事で体重の4分の1も食べてしまい、その量は約40kgにもなります。ライオンの舌は非常に粗く、骨から肉をこそげ取るのに適しています。

\国内シェアNo.1、サーバー速度No.1/

5. ライオンはプライドを大切にする

ライオンはプライドを大切にします。しかし、ここでいうプライドとは自尊心のことではありません。ライオンの群れのことをプライドと呼ぶのです。

プライドは近縁のメスたち少数のオス、そしてその子供たちによって構成され、メンバーは一緒に狩りをして獲物を分け合います。ライオンはメスの方が速く走ることができるため、狩りを行うのは主にメスの仕事です。体格に勝るオスは狩りが成功したところでゆっくりと食べにきて、時には独り占めしてしまうこともあります。

メスの子供は大きくなってもプライドから離れることはあまりありませんが、オスの子供はある程度成長すると年長のオスによって追い出されます。そのため、プライドはメスによって代々引き継がれていくのです。

追い出されたオスは“はぐれオス”となり、単独もしくは同じ境遇のオス同士で小さなグループを作り、他のプライドを奪い取るための力を蓄え、戦いを挑みます。

6. オスのたてがみは役に立つ

オスのライオンに生える印象的なたてがみは、かっこいい見た目だけのためにあるのではありません。たてがみは最大で16cmにもなり、ライオンを実際よりも大きく見せることができます。この大きさの錯覚はメスのライオンを惹きつけたり、ライバルを追い払うのに役立ちます。また、戦いや狩りの際に首や頭を保護する役割もあります。

ただし、たてがみは良いことばかりでなく、狩りを行う上では獲物に気付かれる可能性が増すという意味で不利になります。とはいえ、ほとんど自分で狩りを行わないプライドのオスにとっては大きな問題ではありません。

ライオンのたてがみは3歳頃から生え始め、年をとるほどたてがみが黒くなっていきます。黒々としたたてがみは、より支配的であることを示しているのです。

ただし、すべてのオスに立派なたてがみがあるわけではありません。頭、肩、喉、胸を覆うたてがみがあるライオンもいれば、顔の周りにわずかに縁取りする程度のライオンもいます。

\高額査定の最大3社のみと交渉!電話ラッシュなし!/

7. ライオンは鋭い爪を持っている

ライオンの前足には5本後ろ足には4本の指があります。それぞれの指には人間と同じようにケラチンでできた爪があり、猫と同じように収納することができます。また、ライオンの前足には「デュークロー(狼爪=ろうそう)」と呼ばれる爪があり、親指のようにものを挟んで掴み上げることができます。

ライオンは猫と同じように、木をひっかいて爪を研ぐことで鋭さを保っています。鋭い爪を使うことで木に登ることもできますし、獲物を押さえつけるときにも役立ちます。

8. オスのライオンの鳴き声はとてもうるさい

ライオンの咆哮(鳴き声)は非常に大きく、8km離れた場所でも聞こえます。ある調査では114デシベルに達していたというデータもあり、これは車のクラクション並の大きさです。

プライドを支配するオスのライオンは、縄張りを示し、侵入者に警告するために咆哮します。咆哮は通常、約40秒間も続きます。

\5G対応最新WiMAX「WiMAX +5G」を提供/

9. ライオンの子育ては共同作業

出産が近くなるとメスライオンはプライドを離れ、茂みや洞窟などの隠れた場所で出産を行います。妊娠期間は110日ほどで、1回の出産で1~4頭ほどの赤ちゃんが生まれます。

プライドのオスライオンに(実の父親であっても)危害を加えられる可能性があるため、出産後も6~8週間は母親が単独で子育て、その後プライドのメンバーに引き合わせるのです。

プライドの大部分を占めるのはメスライオンとその子供たちであり、メスはたいてい血縁関係で、共同作業で子ライオンを育てます。子ライオンは親以外の授乳中のメスライオンからも乳をもらうことができ、6〜7ヶ月ほどで乳離れします。

子ライオンたちはレスリングやストーキングのような遊びを通して重要な狩猟スキルを磨きます。生後11ヶ月くらいから狩りを習い始めますが、完全に自立するのは2歳くらいまでかかります。

reference: 20 Interesting Lion Facts Inspiring Protection and Awareness (trvst.world)Did you know? | lionlandscapesLion Claws Facts: Here’s What You Need To Know! (kidadl.com)Lion – Wikipedia

野生のオスライオンの寿命は10年未満がほとんどだそうじゃ

“プライド”をかけた戦いによって命を縮めてしまうんじゃ

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました