毎年スーパーボウル中継に登場するクライズデールという馬をご存知ですか?

ウマ

NFL(アメリカンフットボール)のチャンピオンを決める大会であるスーパーボウルはアメリカ国内で大変な人気があり、視聴率は40%を越えます。

そのスーパーボウルの中継中、クライズデールという馬が登場するCMが毎年恒例で放送されていますが、いったいどういった馬なのでしょうか?


クライズデールはスコットランドを起源とする輓馬(ばんば、車両やそりを引かせる馬)で、大型の馬の品種です。

アメリカでクライズデールが有名になったのは禁酒法が廃止された時です。

1933年、禁酒法廃止を記念し、アンハイザー・ブッシュ社(バドワイザーを生産する大手ビール製造会社)のCEOに息子からクライズデールが贈られました。そして、数千人が見守る中、禁酒法との戦いに尽力した知事やルーズベルト大統領のため、この馬が引く荷馬車がバドワイザーを届けたのです。

その後、アンハイザー・ブッシュ社はバドワイザー・クライズデールズというチームを作り、この馬をプロモーションやCMに使用するようになります。

1986年のスーパーボウルXXで初めてバドワイザー・クライズデールズが登場するCMが放送され、以降スーパーボウルにおける長年の伝統になっていきました。

では、実際にスーパーボウル中継で放送されたCMを見てみましょう。


YouTube

クライズデールを飼育している厩舎の干し藁のなかに、首輪のついた犬が紛れ込んでいました。

犬は去り際、クライズデールと互いを見つめあいます。

ある日、馬の運搬車に犬が飛び乗ったところ、誤って閉じ込められてしまいました。

犬が付けていたリードが落ちているのを見つけた厩舎の男性は、犬がいなくなっていることに気が付きます。

運搬車が交差点で急ブレーキをかけた時、衝撃で荷台のドアが開くと、犬は道路へと飛び出しました。

一方、厩舎の男性は犬の行方を捜しています。

雨宿りをしながら駆け続けた犬は、ようやく厩舎の目前まで戻ってくることができました。

しかし、犬の背後からオオカミが現れ、絶体絶命の窮地に陥ります。

そこに聞こえてくる蹄の音。

彼を助けにやってきたのはクライズデールの集団でした。

恐れをなしたオオカミは退散していきます。

犬が振り返ると、そこには誇らしげに並ぶクライズデール達が立っていました。

朝方、厩舎の男性が外を見ると、あの犬がクライズデールを引き連れて帰ってきたのです。

そして、犬はクライズデール達と一緒に厩舎で暮らすようになるのでした。

動物の種類を越えた友情じゃ

感動じゃのう


また、バドワイザー・クライズデールズが登場するのはCMだけではなく、アメリカ各地の催しで行進を披露しています。


YouTube

荷馬車にはダルメシアンの犬も乗ることになっておるぞ

昔、実際に荷馬車が配達に使われていた頃、ドライバーが配達のために建物の中に入っている間、荷物やチームを守るために乗せられていたんじゃ

今もその伝統が受け継がれているんじゃぞ

この記事は、2022年2月1日に投稿した内容を修正・再投稿したものです。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告をブロックするための拡張機能を使用していることを検知しました。
広告ブロックを無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、更新ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました