北極圏を航行する船員が、やせ細った氷山の上に謎の生物を発見する

その他哺乳類

驚くような出来事は日常的に起こるものではありません。これは、深く冷たい北の海を探検する船乗りにとっても同じことです。

しかし、人であれ動物であれ、助けを求める者に優しさを持って手を差し伸べることが、平凡な日常に驚くような出来事を生み出すのです


\100種類以上の植物を熟成した非加熱酵素/

氷山に取り残された動物

カニ漁師のマロリー・ハリガンさんクリフ・ラッセルさんアラン・ラッセルさんの3人は、カナダ北部の海を航行中、氷山の上に取り残された哀れな動物に遭遇しました

遠くから見たときはアザラシの子供のように見えましたが、近づいてみるとホッキョクギツネだと分かったそうです。

ホッキョクギツネは海を泳ぐことができないので、ただ氷山の上でうずくまり、どうしていいかわからない様子でした。隠れる場所のない氷山の上では、冷たい雨に打たれ、カモメなどの海鳥に襲われていたことでしょう。

ハリガンさんは、「あのキツネは恐らく、食べ物を探して氷山の上に乗り、それがバラバラになって外に出られなくなったのでしょう」と語っています。

救出作戦

この可哀そうなキツネを救うため、チームはすぐに行動を起こします。彼らが氷山にボートを近づけると、人間を見たことがないホッキョクギツネはとても警戒している様子でした

「彼は私たちから逃げようとしていたので、船に乗せるのに苦労しました」とマロリーさんは振り返ります。「私たちは彼が乗っていた氷を壊し、彼を網で捕まえることにしました。彼は文字通りもう動けなくなるまで何度も逃げようと暴れていました」

そして、彼らはなんとかキツネを自分たちのボートに乗せることに成功したのです。

\費用0円!スマホ・PCでカンタン駐車場経営/

今でも見かける

ボートに乗せた後、隊員たちは怯えるキツネにベッドを作り、暖かく快適に過ごせるようにしました。そして、食べ物と水を与え、健康を取り戻すよう努めたのです。

「私たちが抱き上げると、キツネは隅っこのほうに隠れてしまいました。乗船したときは何もできないほど弱っていて、ずっと寝ていたんです。最初の5、6時間はまったく何も食べませんでしたが、彼が起きるあがるとウィンナーソーセージの缶詰を食べさせました」

そして、乾いた土地に無事戻されたキツネは嬉しそうに歩いていきました。彼が感謝の気持ちを伝えることはありませんでしたが、きっとラッキーだったと思っているでしょう。

マロリーさんは今でも時々、ウィリアムズハーバーにある古い犬小屋をチェックしにくるあのホッキョクギツネの姿を見かけるそうです。

その様子は以下の動画で見ることができます。

reference: Arctic sailors act quickly spotting terrified creature on teetering iceberg (animalchannel.co)

あのキツネは本当に救助されたキツネなんじゃろうか

多少疑問はあるが、とにかく良かったのぉ

コメント

タイトルとURLをコピーしました