猫は液体?なぜ猫は狭いスペースに収まることができるのか?

ネコ

猫が非常に柔軟であることは広く知られており、信じられないような場所にぴったりと入り込んでしまう画像を見たことがある方も多いでしょう。

そこである研究者は、冗談半分で「猫は液体ではないのか?」という論文を発表しました。論文では、レオロジー(日本語で流動学。物質の変形や流動を研究する学問)の見地から猫の液体説を解説しています。

\100種類以上の植物を熟成した非加熱酵素/

イグノーベル賞

Photo: reddit

2017年、この論文はノーベル賞のパロディーで、「人々を笑わせ考えさせた研究」に与えられるイグノーベル賞を受賞しました。

液体とは、「流動的で容器に合わせて形状を変化させる物質」と定義されます。この定義にのっとれば、ボウルや瓶、ワイングラスにも体をぴったりと入れることができる猫は液体に当てはまるというのです。

もちろんこの論文はジョークですが、実際、猫の液体としか思えないほどの柔軟性はどのように生まれているのでしょうか?

柔軟性の秘密は骨にある?

Photo: reddit

猫の柔軟性の秘密の一つは骨の数にあります。

人間の骨が206本であるのに対し、猫は244本あります。多い分の骨は主に背骨と尻尾の骨で、人間よりもゆるく繋がっている背骨によって猫は体を180度まで曲げることができます。人間は90度程度しか曲げることができません。

また、猫の鎖骨は非常に小さい上、人間とは違って鎖骨と肩の骨が関節で繋がっていないため柔軟に動かすことができます。さらに、背中の肩甲骨が首のすぐ後ろにあるので、狭いところでも足を動かすことで足(と肩)を内側に寄せて通り抜けることができるのです。

\遺伝子組み換え原材料・着色料・香料不使用/

内臓も移動できる?

柔軟性の秘密はまだあります。なんと猫は体の動きや向きに応じて内臓を前後に移動させることができます。これでさらに柔軟に体の幅を変えることが可能になります。

スフィンクス。実際にはうっすらと毛が生えています

また、多くの猫は体毛がふわふわとしているため、実際よりも大きく見えている可能性があります。スフィンクスのような体毛がほとんどない猫や、シャワーなどで濡れた猫を見てもらえればわかると思いますが、実際の猫は思っているよりも細いのです。

Photo: imgur

猫が狭いところを好む理由

猫のヒゲも狭いところを通り抜ける際に役立っているようです。猫のヒゲは他の体毛よりも二倍も太く、皮膚の深いところから生えているため、より敏感で多くの情報を捕らえられるようになっています。

そのため、よく「猫は頭が入るところなら通れる」ということを言われますが、実際猫はヒゲの感覚で自分の体が通り抜けることができるかを判断しているのです。

Photo: reddit

これほど柔軟で体を狭いところに入れる能力に優れた猫ですが、なぜそれほど狭いところに入りたいのでしょうか?

一説によれば、これは捕食者、被捕食者としての猫の適応進化の結果なのかもしれません。猫は狭いところに隠れることで、ネズミなどの獲物を狩る際に相手から見つかりづらくし、自分の捕食者(より大型の肉食獣)からも身を隠すことができます。

また、その延長線上の話として、猫はストレスや恐怖を感じたときにベッドの下などの狭いところに隠れようとします。

そのため、怪我や病気などの特別な理由がない限り、狭いところに入り込んだ猫を無理やり引っ張り出したりすることは避けた方が良いでしょう。


reference: How do cats squeeze through small spaces? | Live ScienceAnswering the question that won me the Ig Nobel prize: Are cats liquid? (theconversation.com)、、猫の身体 | みんなのどうぶつ病気大百科 (anicom-sompo.co.jp)

どう考えても猫は液体じゃぞ

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました