世界一美しい羊”ブラックノーズシープ”のコンテストが開催される(動画)

その他哺乳類

ブラックノーズシープはスイス原産の羊です。

何と言っても真っ黒な顔が特徴の羊で、世界で最も美しい羊と呼ばれ世界中で人気者になっています。

スイスではブラックノーズシープの美しさを競うコンテストが毎年開催されているようなので、その様子をみてみましょう。


「皆さん、こんにちは!ようこそ。今日は特別な場所、スイスのヴァレー州にありますフィスプに来ています」

「この日はブラックノーズシープにとって非常に重要な日です。なぜなら最も美しいブラックノーズシープを選ぶミス・スイスのコンテストが行われるからです」

「フィリップさん、今朝は早くから準備を始めたのですか?」
「ええ、朝5時には羊小屋に行きました。動物に餌を与え、少し準備をしました。特別な日である今日、すべてが完璧になるように。羊の選定は去年の秋に行い、今日ここに連れてくる羊を決めました」

「こちらはミス・スイス。最も美しい羊です。コンテストには9つのカテゴリーの勝者がいます。4つの若い羊のカテゴリーの勝者からさらに一匹の羊を選びます」

「そして本選があり、こちらは5つの大人のカテゴリーからなります」
「私にはみんな美しく見えますね!」

「一般の方が見ても、どれも美しいと感じるかもしれませんが、違いがあります。動物がどれだけ大きいか、どれだけ重いか。大きさ、重さ、走り方、毛並み、色合い。大きな違いがあります」

「私はヴァレー州のブラックノーズ繁殖協会の会長を務めています。ここは、黒鼻の羊の原産地です。ブラックノーズが最初に言及されたのは1215年か1218年のことです」

「このブラックノーズシープの特徴は?」
「ブラックノーズはとても愛情深く、私にも他の多くの人にも愛情を注いでいます。また、世界で最も美しい羊でもあります。ブラックノーズは険しい山岳地帯の羊で、昔はアルプスの2500メートル級の山でも放牧されていました。また、信頼性が高く、非常に飼いならされています」

「このイベントは31年前から開催されているもので、ブリーダーたちはお互いに自分たちの力を測ることができます。サッカーのチャンピオンリーグのようなものです」

「私の理解が正しければ、ほとんどのブリーダーは情熱を持ってブラックノーズシープを飼っています。経済性や肉の品質は二の次ということでしょうか?」

「以前はそうでした。昔はブラックノーズシープを高地で放牧し、肉や羊毛をとっていました。その羊毛でストッキングやズボンを作っていました。今日でも私たちは情熱を持ってこれを続けています」

顔が無いようにも見えてちょっと不気味な感じもするが、だんだん病みつきになってくるのぉ

ディズニーアニメにも出てきそうじゃ


メガネフクロウ教授の付け足しメモ

今回は特に思いつかんかったんで、ブラックノーズシープがうろうろ歩いている動画を載せておくぞ

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました