エレガントな雪山の女王・ユキヒョウの大迫力な狩りの映像(動画)

動物の動画

ユキヒョウは中央・南アジアの山脈に住むネコ科の動物です。

標高3,000mから5,000mの地域に生息しているため、人間の目に触れることは多くありません。

今回はそんなユキヒョウの貴重な狩りの映像をみてみましょう。


「マーコール※が年に一度の発情期に集まってきます」

※ヒマラヤなど山岳地帯に住むヤギの仲間

「雄たちは繁殖の権利を争いますが、

切り立った崖の上では、どちらが足を滑らせても命取りになりえます」

「ヒマラヤの動物の中でも最も希少な動物であるユキヒョウです。このメスは隠れ家に帰ってきました」

「野生で撮影されたユキヒョウの初めての親密な映像です。1歳になった我が子を可愛がっています」

「彼女の巣はよく選ばれており、周囲の断崖絶壁を見下ろすことができます」

「この危険な斜面ではユキヒョウ以外のハンターがこのような俊敏な獲物を捕らえるチャンスはないでしょう」

「子持ちのメスは、より簡単なターゲットとなります」

「ユキヒョウの大きな前足は優れたグリップ力を発揮し、長い尻尾がバランスを取ってくれます」

「彼女は静かに獲物の上に身を置きました」

ユキヒョウが急斜面を駆け下っていきます。

気が付いたマーコールが逃げ出し、ユキヒョウも全力で追いかけます。

急斜面の岩場を二頭とも器用に駆け下りていきますが、

ついにユキヒョウがマーコールのお尻に噛みつきました。

しかし、噛みつかれたまま強引に崖の下に進んだマーコールは一瞬のスキをついて逃げ出しました。

川の中まで逃げ込まれたらユキヒョウも諦めるしかありません。

ユキヒョウの毛色が山肌によくカモフラージュされておるから、キャプチャを撮ってもどこにユキヒョウがいるのかわからんようになってしまうんじゃ

今回の狩りは失敗してしまいましたが、ユキヒョウは自分の体重の3倍もの獲物を仕留めることができる巧みな捕食者であり、山岳地帯の生態系のトップに位置します。

\5G対応最新WiMAX「WiMAX +5G」を提供/

生息数の減少

ユキヒョウの大人の個体数は1万頭以下と推定され、2040年までに約10%減少すると予想されており、IUCNのレッドリストでは「絶滅危惧種」に指定されています。

密猟や違法な取引は伝統的な脅威であり、ユキヒョウの生息する範囲の多くの地域で続いています。

現在、中国や東欧を中心に、ラグや高級インテリア、剥製の需要が増加しているようです。

インフラ開発に伴う生息地の破壊に加え、温室効果ガスの排出により、ヒマラヤ山脈の樹林帯の移動や高山帯の縮小が起こり、ユキヒョウの生息地が30%減少する可能性があるとも言われています。

色々な動物が人間の活動によって脅威にさらされておるんじゃ


メガネフクロウ教授の付け足しメモ

ユキヒョウの尻尾が太いのは、この尻尾に脂肪を蓄えて狩りのできない期間を乗り切るためだと言われておるぞ

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました