魚類

動物紹介

ウナギじゃない!?デンキウナギの電撃的な9つの事実

デンキウナギの体型はウナギのように細長く、”ウナギ”という名まで付けられていますがウナギの仲間ではありません。 しかし、”デンキ”の名は本物で、高電圧の電気を発生させる能力を持っています。今回はデンキウナギに関する電撃的な事実をご紹介します。
生物学

厳しい環境を生き残るため、サメは陸上を歩くよう進化を遂げる

サメは恐竜よりも先に地球上に登場し、現在に至るまで様々な環境の変化に対応しながら世界中の海で繁栄を続ける最も成功した魚類の一つです。その中でも近年注目を集めているのが、陸上を歩行できるサメです。いくつかのサメの種でそのような行動が...
生物学

中国福建省で、ペガサスと名付けられた魚の新種が発見される

中国科学院大学の生物学者が、中国近海で新種の魚を発見しました。
その他哺乳類

なぜ夜行性の動物は暗闇で活動できるのか?視覚以外の5つの驚くべき能力

照明登場以前の人間の活動時間は、ほぼ日中の時間帯に限られていました。人間以外の霊長類も多くは昼行性です。しかし、自然界では夜行性の動物が半分を占めています。考えてみれば地球上の約半分は常に夜であり、地下や洞窟、深海のような環境では...
生物学

恐竜登場以前から存在するサメは、いかに環境の変化に対応してきたか

サメは少なくとも4億5千万年前から地球上に生息していると言われています。 これは、約2億年前に登場した哺乳類は言うに及ばず、恐竜(約2億4千万年前に出現)や、樹木(約3億9千万年前に出現)よりも古いことになります。
動物の真面目な話

本場アメリカでもブラックバスの生息域拡大が懸念されている

ブラックバスの存在に悩んでいるのは日本だけではないようです。バスフィッシングの本場といえるアメリカでも、ブラックバスの生息域拡大による生態系への影響が懸念されています。
動物の真面目な話

アラスカで氷の底から引き上げられた半透明で奇妙な「ゼリー状の魚」

アラスカの海を調査する研究者たちが、半透明の奇妙な魚を捕獲しました。この魚を実際に手にした人によると、ゼリーのような感触だと言います。
動物の動画

釣ってきた魚をさばくと、腹からまだ生きている魚が出てきた(動画)

釣ってきた魚をさばいてみると、お腹からかなり大きな魚が出てきました。さらに、その魚はまだ生きていたのです。
動物の動画

ニュージーランドのビーチに出現した数百匹のサメをドローンが撮影(動画)

ニュージーランド最大の都市であるオークランド近郊の島で、数百匹のサメがビーチを埋め尽くす様子がドローンによって撮影されました。
動物の動画

ヨットからサメに餌をあげていた女性が指をかまれ、水中に引き込まれる(動画)

ヨットの後方に集まるサメに対し、女性は手から直接餌をあげようとします。すると案の定サメに指をかまれ、水中へと引き込まれてしまいました。
動物の真面目な話

サンフランシスコでは空から小魚の雨が降っている

6月上旬、Redditユーザーの一人が、友人宅の屋根やデッキに20cmほどの銀色の魚が12匹も落ちていたと報告しました。この投稿に対し、何人かのユーザーも同様の出来事があったとのコメントを寄せています。
動物の真面目な話

中国で鳥のような頭を持つ魚が発見される

この魚の動画がネット上で公開されると、人々はこの珍しい生物を“半魚半鳥”と表現し、注目を集めるようになりました。 くちばしのような口や側面にある小さなヒレが翼のように見えることから、この生物はミュータントのようなものではないかとの憶測が広がっています。
ゾウ

体内から日焼け止めを作り出す?動物たちの多様な日焼け対策とは?

人間を含む多くの動物にとって、太陽の光を浴びることは非常に重要です。 しかし、強すぎる日差しは肌にダメージを与え、日焼けの原因となります。私たち人間は日傘や日焼け止めを塗ることで対策していますが、動物たちはどうなのでしょうか?
動物の真面目な話

カンボジアで見つかった巨大エイが淡水魚の世界記録を塗り替える

カンボジアのメコン川で世界最大の淡水魚となる体長3.98m、体重約300kgの淡水エイが発見されました。科学者は、様々な脅威に直面しているメコン川にとって、この個体が希望の兆しになると述べています。
生物学

140年ぶりに「顔のない」魚が捕獲され、泳ぐ姿を映した動画も公開される

2017年、オーストラリアの東海岸で驚くべき奇妙な姿の深海生物が捕獲されました。その魚には顔が無く、まるでエイリアンのように見えるのです。
動物の真面目な話

腹を食い破ったウナギをぶら下げたまま飛び続けるサギが撮影される

アメリカのアマチュアカメラマンが、丸飲みにしたウナギがお腹を食い破って飛び出たまま飛び続けるサギを撮影しました。 写真にはお腹から垂れ下がったウナギの頭と、意外にも平気な顔で飛んでいるサギの姿が写っています。
生物学

500本以上の歯を持つリングコッドという魚は、毎日20本の歯を失う

もしあなたが美味しいイカやカニなら、この魚の口にだけは近づきたくないはず。なぜなら、このリングコッド(和名:キンムツ)は、体長1.5メートル、体重36キロにまで成長し、上下の顎には500本以上の鋭い歯が並ぶ世にも恐ろしい魚だからです。
動物のいい話

友達全員を食べたことで有名な魚の16歳のバースデイパーティが開催される

2020年10月、フィンランドの水族館にいる不機嫌顔のハタのミッコは、コロナウイルスの大流行で施設が一時的に閉鎖されたため、とても落ち込んでいました。彼は常に孤独を感じています。彼の水槽には魚の友達がいないから…なぜなら、彼は友達...
生物学

魚市場の排水からDNAを検出することで、絶滅危惧種の取引が行われていないか監視することができる

各地の魚市場では多数の水産物が取引されており、どんな魚が取引されていたかを人の目によって監視することは非常に困難です。 新しい研究では、魚市場の排水からDNAを検出することで、取引された多数の生物を特定することが可能になるそうです。
ネコ

禅の境地!?色とりどりの鯉に癒され、キスをする猫(動画)

錦鯉は世界でもファンが増えており、海外でも鯉を泳がせるための日本風の池を造ることが流行しているそうです。 オランダの池では、池のヘリに座った猫が鯉を眺めています。その姿を眺めているだけで、こちらも癒されるようです。 なんともゆったりとした時間をお楽しみください。
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました