その他の生物

その他の生物

カリフォルニアの10代の若者が新種のサソリ二種を確認

カリフォルニア州に住むハーパー・フォーブス(19歳)とプラクリット・ジェイン(18歳)の若者二人が、新種のサソリ二種を確認しました。 彼らは幼い頃からサソリに興味を持ち、カルフォルニア州内に生息する全てのサソリを記録しようとしています。
その他の生物

深海で非常に珍しいウミエラを発見!細い柄の先に植物の根のような触手

太平洋で深海調査を行っていた研究者たちが、非常に珍しいウミエラを発見しました。深海3,000mの海底から2mもある細長い柄が伸び、その先には植物の根のような触手がゆらゆらと浮かんでいます。
その他の生物

砂漠に住むワラジムシの秘密の恋愛事情

ワラジムシは同類交配と呼ばれる性質を持っており、オスが交配相手のメスを選ぶ際、優先選択権のある体の大きなオスは大きなメスを選びます。しかし、その選択にはメスが作った巣の場所も考慮され、危険な場所に巣を作ったメスを避けていることがわかりました。
その他の生物

タコにも痛みの感覚や感情があるって本当?

タコは人間と同じように痛みを感じ、それを記憶すると言われていますが実際のところはどうでしょうか?彼らに私たちと同じような感情はあるのでしょうか?
その他の生物

「不老不死のクラゲ」ベニクラゲが老化を逆転させる秘密とは?

ベニクラゲはとても小さなクラゲですが、驚くような能力で注目を集めています。彼らは性的成熟を迎えた後、一度幼生期に戻り、再び大人のクラゲになることができるのです。 いわば「不老不死のクラゲ」と言えますが、この能力はどのように実現しているのでしょうか?
その他の生物

「海のミツバチ」海の植物における受粉媒介者の存在が明らかになる

ポリネーター(花粉媒介者)という言葉をご存知でしょうか?その名のとおり、花粉を運び、植物の受粉を助ける動物のことです。地球上の種子植物のうち最低でも75%、恐らくはそれ以上の植物がポリネーターの媒介で受粉をしており、近年、彼らが生態系にも...
その他の生物

甲殻類の殻から作られる持続可能で高品質な蓄電池が開発されている

現在、蓄電池(バッテリー)は私たちの生活に欠かせないものになっています。スマートフォンなどの電子機器はもちろん、電気自動車や再生可能エネルギーを実現するため、蓄電池に対する需要は高まり続けています。しかし、これらの持続可能なソリュ...
その他の生物

砂浜に落ちたゴミに見えるケーブル状の物体、実はムチカラマツというサンゴの仲間だった

砂浜を歩いていると、貝殻や海藻、木片などに混じって多くのゴミが落ちているのを見かけることがあります。しかし、何かのケーブルのように見えるこの黄色の物体は、ゴミではなくれっきとした海の生き物なんです。
その他の生物

なぜ深海にはたくさんの巨大生物がいるのか?

深海や極寒の地では、海の生物(主に無脊椎動物)は巨大化することがあります。イカ、ウミグモ、マリンワームなど、さまざまな種の生物が近縁種を凌駕する大きさに成長するのです。なぜ深海ではこのような現象が起こるのでしょうか?
その他の生物

南アフリカのビーチに巨大なダイオウイカが打ち上げられる

南アフリカの海岸で犬を散歩させていた住民が、巨大なイカが打ち上げられているのを発見しました。それは最も大きなイカの一種であるダイオウイカで、体長は4mを越えていたそうです。
その他の生物

非常に珍しい卵嚢を抱えて泳ぐ真っ赤なイカが深海で撮影される

通常、イカの卵はゼラチン状の卵嚢(らんのう)に入った房のような状態で生み出されます。浅い海域に住むイカは、この卵嚢の房を漁網やサンゴなどに産み付けますが、沖合や深海に住むイカは卵を産み付ける場所がないため、卵嚢を海中に浮遊させることがあり...
その他の生物

「外来種のカニは飲んで駆除する」カニから作ったウイスキーを発売

ヨーロッパミドリガニは、北米の海洋生態系を200年以上にわたって苦しめてきた外来種のカニです。アメリカ・ニューハンプシャー州の蒸留所は、このカニを利用したウイスキーを製造し、この問題の解決に取り組んでいます。
その他の生物

ヒトデとヒモムシがアザラシの死骸を食べるタイムラプス動画

南極の海で、ヒトデとヒモムシがアザラシの死骸に群がる様子がタイムラプス動画として撮影されました。彼らは海の掃除屋としての仕事を果たし、アザラシの命を次の世代へと繋いでいくのです。
その他の生物

持続可能な未来の素材はキノコのレザー?すでにエルメスにも採用されており、高い注目を集めている

キノコは植物ではなく、菌類だということをご存知だったでしょうか?さらに、キノコの本体と呼べるものは、地中に根のように張り巡らされた菌糸体と呼ばれる細い糸の集まりなのです。私たちが普段キノコと呼んでいるものは、地中の菌糸体が胞子を作...
その他の生物

産卵後のタコが取る悲劇的な自傷行為は、コレステロールの変化によって引き起こされる

タコの母親は産卵すると食べるのをやめ、時には自分の腕をちぎるような自傷行動を起こし、卵が孵化する頃には死んでしまいます。この奇妙な行動は、タコの視柄腺という哺乳類の下垂体に似た器官に関連があるようです。
その他の生物

キノコなどの菌類は電気的な「言語」を使ってコミュニケーションをとっている

西イングランド大学のアンドリュー・アダマツキー氏は、エノキタケ、スエヒロタケ、サナギタケ、Ghost fungus(Omphalotus nidiformis)の電気的活動を分析しました。その結果、キノコなどの菌類にはこれまで考え...
その他の生物

波が寄せた途端、砂浜を埋め尽くすほど大量の貝が突然砂の中から現れる(動画)

何も無いように見える砂浜の映像ですが、波がくると突然砂浜を埋め尽くすほどの大量の貝が現れます。 この貝はコキーナと呼ばれるナミノコガイの一種で、砂浜に波が寄せると砂中から躍り出て小さな生物を捕食します。 また、満潮、干潮で砂にもぐるタイミングを変えることで、潮の満ち引きに対応して移動していきます。 集合体が苦手な方は注意してください。
その他の生物

極端に大きなハサミを持つシオマネキはズルい?戦いに勝つために必要なズルさとは?

動物界の戦いでは、武器の大きさがとても重要です。巨大な角を持つシカや巨大な爪を持つロブスターは、体格の劣る相手を後退させ、慌てて逃げ出させることがよくあります。 しかし、こうした大きな武器は重く、不格好であり、それを維持するために余分なエネルギーを摂取する必要があります。
その他の生物

大きさだけじゃない!ヤシガニの魅力的な16の事実

ヤシガニ(学名:Birgus latro)は大型の陸棲甲殻類です。熱帯域を好み、日本では沖縄のいくつかの島に生息しています。 大きさばかりが注目されがちな生き物ですが、ヤシガニの魅力はそれだけではありません。この生物に関する伝説も含め、ヤシガニの魅力的な事実をご紹介します。
その他の生物

赤い母ガニが赤ん坊をポップコーンのように食べる! 自然のダークサイド (動画)

クリスマスアカガニは、インド洋のクリスマス島とココス(キーリング)諸島にのみ生息する赤い陸ガニです。 クリスマス島だけで数千万匹の成体が生息しています。繁殖期になると、住処であるジャングルから産卵場所の海岸へと数百万匹が一斉に移動し、地面を真っ赤に染めます。これがクリスマス島のひとつの名物になっているのですが・・・。
タイトルとURLをコピーしました