動物の真面目な話

動物の真面目な話

有名番組の司会者から過激な活動家まで。世界の著名な動物保護活動家18人

動物保護活動家は地球上の生物を守るために活動しています。一つの種の保護に生涯を捧げる人もいれば、環境保護に幅広い姿勢で取り組む人もおり、動物保護の仕事は人それぞれです。ここでは、知っておくべき世界の著名な動物保護活動家18人をご紹介します。
動物の真面目な話

本場アメリカでもブラックバスの生息域拡大が懸念されている

ブラックバスの存在に悩んでいるのは日本だけではないようです。バスフィッシングの本場といえるアメリカでも、ブラックバスの生息域拡大による生態系への影響が懸念されています。
その他哺乳類

仮想現実の世界で牧草地を見る牛。マトリックスの世界が現実に?

もうすぐマトリックスの世界が現実のものになるかもしれません。トルコのある牧場では、牛にVRヘッドセットを装着し、天気の良い牧草地にいると思い込ませることで多くの牛乳が生産できるかのテストが始められています。
動物の真面目な話

「麻薬ディーラーが鷹匠に!?」華麗な転身を果たした黒人男性

アメリカの貧困地域で育ったロドニー・ストッツさんは、麻薬ディーラーから黒人初の鷹匠へと転身を遂げました。この大きな変化には何があったのでしょうか?彼は、自身の軌跡について語っています。
動物の真面目な話

コロンビアのペット葬儀場が亡くなった動物を肥料に変える理由

コロンビアには、ペットの遺体を堆肥化するサービスを提供する会社があります。 この会社の創設者は、遺体の堆肥化は持続可能で環境に優しい処理方法であり、新たな生命のサイクルを生み出す栄養源になるのだといいます。
動物の真面目な話

ドードー鳥はなぜ絶滅したのか?

ドードー鳥は、マダガスカル沖のモーリシャス島にかつて生息していた飛べない鳥です。 人間によって発見されてから、わずか100年足らずで絶滅した悲劇の鳥でもあります。 ドードー鳥がなぜ絶滅に至ったのか?我々が自然と向き合っていくためにも、ぜひ学んでおきましょう。
その他哺乳類

“コウモリの竜巻”が街を埋め尽くす!オオコウモリをめぐる愛憎劇

オーストラリア・クイーンズランドの町を襲う、“コウモリの竜巻”がニュースで報道されています。 街を埋め尽くす信じられない数のコウモリ。住民はコウモリによる被害に悩まされ、媒介する病原菌の心配もしなければなりません。
動物の真面目な話

アラスカで氷の底から引き上げられた半透明で奇妙な「ゼリー状の魚」

アラスカの海を調査する研究者たちが、半透明の奇妙な魚を捕獲しました。この魚を実際に手にした人によると、ゼリーのような感触だと言います。
サル

有名YouTuberの”大型霊長類の頭蓋骨”発見を専門家が捏造と断じる

2000万人を超える登録者数を持つYouTubeチャンネル「Brave Wilderness」のコヨーテ・ピーターソン氏が、カナダでビッグフットを思わせる大型霊長類の頭蓋骨を発見したと発表しました。 これに対し、専門家たちは次々に問題点を指摘しています。
その他の生物

「外来種のカニは飲んで駆除する」カニから作ったウイスキーを発売

ヨーロッパミドリガニは、北米の海洋生態系を200年以上にわたって苦しめてきた外来種のカニです。アメリカ・ニューハンプシャー州の蒸留所は、このカニを利用したウイスキーを製造し、この問題の解決に取り組んでいます。
動物の真面目な話

サンフランシスコでは空から小魚の雨が降っている

6月上旬、Redditユーザーの一人が、友人宅の屋根やデッキに20cmほどの銀色の魚が12匹も落ちていたと報告しました。この投稿に対し、何人かのユーザーも同様の出来事があったとのコメントを寄せています。
動物の真面目な話

中国で鳥のような頭を持つ魚が発見される

この魚の動画がネット上で公開されると、人々はこの珍しい生物を“半魚半鳥”と表現し、注目を集めるようになりました。 くちばしのような口や側面にある小さなヒレが翼のように見えることから、この生物はミュータントのようなものではないかとの憶測が広がっています。
ゾウ

体内から日焼け止めを作り出す?動物たちの多様な日焼け対策とは?

人間を含む多くの動物にとって、太陽の光を浴びることは非常に重要です。 しかし、強すぎる日差しは肌にダメージを与え、日焼けの原因となります。私たち人間は日傘や日焼け止めを塗ることで対策していますが、動物たちはどうなのでしょうか?
動物の真面目な話

カンボジアで見つかった巨大エイが淡水魚の世界記録を塗り替える

カンボジアのメコン川で世界最大の淡水魚となる体長3.98m、体重約300kgの淡水エイが発見されました。科学者は、様々な脅威に直面しているメコン川にとって、この個体が希望の兆しになると述べています。
動物の真面目な話

ザトウクジラに飲みこまれ奇跡的に生還した男性がその体験を語る

ロブスター漁を専門とするプロダイバーが、ザトウクジラの口に飲みこまれながらも奇跡的に生還を遂げた体験について語っています。
動物の真面目な話

腹を食い破ったウナギをぶら下げたまま飛び続けるサギが撮影される

アメリカのアマチュアカメラマンが、丸飲みにしたウナギがお腹を食い破って飛び出たまま飛び続けるサギを撮影しました。 写真にはお腹から垂れ下がったウナギの頭と、意外にも平気な顔で飛んでいるサギの姿が写っています。
動物の真面目な話

フロリダ史上最大5.4m、97kgのビルマニシキヘビが発見される

ビルマニシキヘビはヘビの最大種の一つで、東南アジアに生息しています。米国・フロリダでもペットとして持ち込まれた個体が湿地帯を中心に広がっています。今回、フロリダで行われた捕獲活動の中で、フロリダ史上最大のビルマニシキヘビが発見されました。
サル

自撮り写真で有名になった孤児のマウンテンゴリラが、世話をしてくれたレンジャーの腕の中で息を引き取る

孤児のマウンテンゴリラのンダガシは、同じ境遇のンデゼと共にレンジャーのマチュー・シャマブ氏が撮った自撮り写真で世界的な注目を集めました。 しかし、2021年9月、14歳だったンダガシは闘病の末、最もお世話になったレンジャーの腕の中で息を引き取りました。
その他哺乳類

アメリカ・テネシー州のふれあい動物園付近で、逃走中のラクダが2人を殺害

アメリカ・テネシー州北西部のふれあい動物園の近くでラクダが逃げ出し、2人が殺害されたため、ラクダを安楽死させたと当局が発表しました。
イヌ

生ける宝石!3000万円以上の値がついた傑作プードル失踪事件の謎

1953年2月、マンハッタンにある人気ショップのショーウィンドウの前で、ニューヨーク市警の警官たちが押し寄せる人々を押し退けていました。ウインドウの中には、赤いベルベットの箱の上に一匹のプードルが座っています。 このマスターピースという名の犬は、ある男性が完璧な犬を作ろうとした結果生まれた有名なプードルでした。当時、世界で最も高価な犬として知られていましたが、間もなく、彼は未解決事件の犠牲者となるのです。
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告をブロックするための拡張機能を使用していることを検知しました。
広告ブロックを無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、更新ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました