生物学

その他哺乳類

遺伝子編集技術でタスマニアタイガーは復活するか?計画に対する疑問や批判も

かつてタスマニア島に生息していた大型の肉食獣であるタスマニアタイガーを、現代の遺伝子編集技術を用いて復活させようという計画があります。 この計画は大きな注目を集める一方、その実現性や倫理的、現実的な問題点に疑問の声も上がっています。
クマ

南極にホッキョクグマがいないのはなぜか?

陸上最大の肉食獣であるホッキョクグマは北極圏に生息しています。極寒の環境に見事に適応し、普段は主にアザラシを食料にしています。 しかし、同じように極寒でアザラシも生息する南極大陸にはホッキョクグマはいません。それはなぜなのでしょうか?
生物学

遺伝子とは何か?用語とその働きについて解説

染色体、DNA、ゲノム、遺伝子といった用語をきちんと説明できる方は少ないのではないでしょうか? そこで今回は、これらの用語の解説、遺伝子の働き、遺伝子操作の活用についてご説明したいと思います。
生物学

アフリカの小さな島で新種のフクロウが発見される

アフリカ大陸の西側、南大西洋上に浮かぶ小さな島国で、新種のフクロウが発見されました。 このフクロウは2016年に研究者によって存在が確認されましたが、地元の人々の証言によれば、約100年前の1928年には発見されていた可能性があります。
生物学

なぜ温暖な地域ほど多くの種類の生物が見られるのか?

地球の数パーセントの面積に過ぎない熱帯雨林には、全生物種の半数以上が生息しています。そして、熱帯地域から南北へ離れるにつれ、生物の多様性は減少していくのです。 こうした現象は『多様性勾配』と呼ばれますが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
昆虫

夏になると聞こえる不快な音!蚊が耳元でプーンという羽音を立てて飛び回るのはなぜか?

夏場に窓を開けていると、不意に耳元でプーンという蚊の羽音が聞こえてきます。夏の風物詩と言えなくもないですが、私たちは反射的に頭を揺らし、手で頭の周りを振り払います。 それにしても、なぜ蚊は耳元に集まってくるのでしょうか?
その他の生物

カリフォルニアの10代の若者が新種のサソリ二種を確認

カリフォルニア州に住むハーパー・フォーブス(19歳)とプラクリット・ジェイン(18歳)の若者二人が、新種のサソリ二種を確認しました。 彼らは幼い頃からサソリに興味を持ち、カルフォルニア州内に生息する全てのサソリを記録しようとしています。
ネコ

猫は液体?なぜ猫は狭いスペースに収まることができるのか?

猫はとても柔軟で、信じられないような場所にもぴったりと入り込んでしまいます。 そこである研究者は、冗談半分で「猫は液体ではないのか?」という論文を発表しました。論文では、レオロジーの見地から猫の液体説を解説しています。
その他哺乳類

あるコウモリは捕食者を追い払うため、スズメバチの羽音を真似している

最新の研究によると、ヨーロッパに生息するオオホオヒゲコウモリは、猛禽類などの捕食者の攻撃を免れるため、スズメバチの羽音を擬態していることが明らかになりました。
昆虫

ミツバチの群れが天候を変えている可能性、新研究で示唆

ミツバチやバッタの群れは非常に多くの電気を発生させており、周辺の天候に影響を与えている可能性があることが明らかになりました。 研究者がミツバチの巣付近の電場を測定したところ、雨雲に匹敵するほどの電力を発生させていることがわかったのです。
生物学

チェルノブイリ原発周辺のカエルが黒くなっていることが判明 放射線への適応か?

チェルノブイリ原子力発電所事故の後、特に放射能汚染が深刻な発電所付近は現在でも立ち入り禁止区域になっています。 最近の研究で、この立ち入り禁止区域内のカエルの体色が黒く変色していることが発見されました。
植物

ヨモギ由来の成分が線虫の寿命を延ばすことが確認される 人間への応用も?

近い将来、老化の進行をコントロールできるようになるかもしれません。 ある研究チームが、ヨモギから抽出した成分が線虫の代謝を改善し、寿命を延ばすことができるという画期的な研究結果を発表しました。
生物学

二つ目の卵だけを抱卵するマカロニペンギンの奇妙な行動の理由とは?

マカロニペンギンは毎年2つの卵を産みますが、孵化するのは後に産んだ卵だけです。一つ目の卵は極端に小さく、母親はこの卵を巣から蹴り出してしまうこともあります。 この一見無駄とも思える奇妙な繁殖行動には、いったいどんな理由があるのでしょうか?
その他の生物

深海で非常に珍しいウミエラを発見!細い柄の先に植物の根のような触手

太平洋で深海調査を行っていた研究者たちが、非常に珍しいウミエラを発見しました。深海3,000mの海底から2mもある細長い柄が伸び、その先には植物の根のような触手がゆらゆらと浮かんでいます。
昆虫

蚊の幼虫が、体から頭を発射して獲物を捕らえる様子が撮影される

今回、蚊の幼虫が水中で獲物を捕らえる様子をハイスピードカメラで撮影した動画が公開されました。なんと、一部の幼虫は体から頭が飛び出して獲物に噛みついていたのです。さらに他の幼虫は、尻尾で獲物を捕まえていました。
爬虫類・両生類

なぜニシキヘビは自分より大きな獲物を飲みこむことができるのか?

ニシキヘビは、時に牛や鹿など自分よりも大きな動物を捕食することがあります。彼らは獲物に噛みつくと、全身を相手に巻き付けて締め殺し、そのあとゆっくりと丸飲みにしてしまいます。 彼らはなぜそのような大きな獲物を飲みこむことができるのでしょうか?
海獣

ザトウクジラがシャチの群れに襲われる様子が目撃される

2022年9月29日、米国とカナダの国境付近で、2頭のザトウクジラが10頭以上の攻撃的なシャチに襲われました。ホエールウォッチングをしていた船の乗組員が発見し、その様子を収めた動画や写真を公表しています。
生物学

聞いたことあるけど意外と知らない?「自然淘汰」とは何かをわかりやすく解説

自然淘汰(しぜんとうた)はダーウィン進化論における最も重要な理論の一つです。現代においても、生物の進化を説明する上で基本的な概念となっています。
イヌ

あなたのストレスはどんな匂い?犬は人間のストレスの匂いをかぎ分けることができる

犬は飼い主の感情を把握することができます。飼い主が怒っていれば反省や恐怖の態度を示し、悲しんでいれば慰めようとします。犬は表情や声などから感情を読み取っていると考えられますが、新しい研究によると、ストレスには匂いがあり、犬はそれを...
爬虫類・両生類

世界最小の爬虫類?人間の指先サイズのカメレオン – ブルケシア・ナナ

2021年に発見が報告されたブルケシア・ナナは、オスの成体の体長がわずか21.6mm(メスは29mm)しかない極めて小さなカメレオンです。それは人間の指先ほどの大きさであり、世界最小の爬虫類である可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました