テングザル

サル

ボルネオ島で発見された謎の猿。その正体はこの地域の問題点を浮き彫りにする

ボルネオ島は、日本の国土の2倍近い広さがあり、インドネシア・マレーシア・ブルネイの三カ国の領土があります。赤道直下の温暖な地域で、熱帯雨林には現在確認されているだけで13種の猿が生息しています。 2017年、このボルネオ島で謎の猿が発見されました。研究者の分析によって判明した猿の正体は、地域のある懸念を示していました。
サル

天狗のような大きな鼻!テングザルのユニークな10の事実

テングザルは、一度見たら忘れないユニークな顔をした猿です。しかし、彼らの特徴は顔だけではありません。 テングザルのユニークな生態を、10の事実を通して学んでいきましょう。
タイトルとURLをコピーしました