ホッキョクグマ

クマ

南極にホッキョクグマがいないのはなぜか?

陸上最大の肉食獣であるホッキョクグマは北極圏に生息しています。極寒の環境に見事に適応し、普段は主にアザラシを食料にしています。 しかし、同じように極寒でアザラシも生息する南極大陸にはホッキョクグマはいません。それはなぜなのでしょうか?
クマ

ホッキョクグマは石や氷を落としてセイウチを仕留める

このイラストは、冒険家チャールズ・フランシス・ホールが1865年に出版した本に掲載されたもので、ホッキョクグマが岩を落としてセイウチを仕留める様子を描いています。イヌイットたちの伝承の中でこのような行動が伝えられていましたが、研究...
クマ

元々同種だったホッキョクグマとヒグマの分岐の歴史は複雑に絡み合っている

専門家はホッキョクグマとヒグマが別の種になり始めたのは130万年前から160万年前と推定していますが、このクマたちはかなり長い間、交配を続けていました。そのため、ホッキョクグマとヒグマの種の歴史には、人類の進化史同様、分岐と交配の複雑な物語が隠されているのです。
タイトルとURLをコピーしました