ネコ

TNRとは何か?野良猫を不妊去勢することは問題解決になるのか?

近年、多くの自治体で野良猫に対する不妊去勢手術の助成を行っています。これは”TNR”という活動の一環で、TはTrap(捕獲)、NはNeuter(不妊去勢手術)、RはReturn(戻す)を意味します。俗に地域猫と呼ばれる猫は、TNRの後、餌場やトイレなどを地域で管理されているものです。 海外では、こうしたTNR活動が野良猫の個体数抑制に本当に効果があるのかについて研究が行われています。
その他の生物

タコにも痛みの感覚や感情があるって本当?

タコは人間と同じように痛みを感じ、それを記憶すると言われていますが実際のところはどうでしょうか?彼らに私たちと同じような感情はあるのでしょうか?
その他の生物

「不老不死のクラゲ」ベニクラゲが老化を逆転させる秘密とは?

ベニクラゲはとても小さなクラゲですが、驚くような能力で注目を集めています。彼らは性的成熟を迎えた後、一度幼生期に戻り、再び大人のクラゲになることができるのです。 いわば「不老不死のクラゲ」と言えますが、この能力はどのように実現しているのでしょうか?
生物学

ある種のアリは、働きアリから女王アリへ昇格することで寿命が5倍に伸びる

インディアン・ジャンピング・アントは女王アリが死ぬと働きアリの中から次の女王アリが生まれるユニークなアリです。この種の女王アリは、昇格することで働きアリよりも5倍も長い寿命を得ることができます。この違いはどのようにして生まれるのでしょうか?
爬虫類・両生類

アナコンダが獲物を丸飲みしても窒息しないのはなぜか?

ボア科のヘビは獲物に体を巻き付け、締め上げてから丸飲みにします。しかし、彼らは全身を使って獲物を締め付けながら、どうやって呼吸しているのでしょう?研究者の間でも明確な答えが知られていなかったこの疑問に、新たな研究は答えを出そうとしています。
その他哺乳類

絶滅寸前から奇跡の復活を遂げたアルプスアイベックスとは?

今回はアルプスアイベックスの基礎知識、そして絶滅寸前から奇跡の復活を遂げる歴史をご紹介します。 この謎の多い動物をめぐる絶滅と保護の歴史は、絶滅に瀕する動物種の回復と再生に向けた有益な例と言えます。
生物学

厳しい環境を生き残るため、サメは陸上を歩くよう進化を遂げる

サメは恐竜よりも先に地球上に登場し、現在に至るまで様々な環境の変化に対応しながら世界中の海で繁栄を続ける最も成功した魚類の一つです。その中でも近年注目を集めているのが、陸上を歩行できるサメです。いくつかのサメの種でそのような行動が...
動物紹介

グミやキャンディにしか見えないイラガ科の幼虫たち

これは一見美味しそうなグミに見えますが食べるのは危険です。実はこれはイラガという蛾の幼虫で、体には毒棘と呼ばれるトゲがあります。 イラガ科には他にも変わった見た目の幼虫がたくさんおり、今回はそのいくつかをご紹介したいと思います。
生物学

捕食者への恐怖心が、獲物の個体数を半減させる可能性がある!?

食物連鎖のピラミッドは、捕食者が被食者を食べることで均衡が保たれていると考えられていますが、それだけではないかもしれません。 新しい研究によると、捕食者への恐怖心そのものが被食者の個体数を減少させる可能性があるそうです。
動物紹介

『濃いピンク色の個体はモテて攻撃的?』フラミンゴの美しい8つの事実

フラミンゴは水辺に生息する大型の渡り鳥です。その特徴は何と言ってもピンク色の体色ですが、この色には秘密があります。 なぜピンク色なのか?ピンク色の濃さは何をもたらすのか?これからご紹介するフラミンゴの事実を読めば、その答えがわかるはずです。
その他の生物

「海のミツバチ」海の植物における受粉媒介者の存在が明らかになる

ポリネーター(花粉媒介者)という言葉をご存知でしょうか?その名のとおり、花粉を運び、植物の受粉を助ける動物のことです。地球上の種子植物のうち最低でも75%、恐らくはそれ以上の植物がポリネーターの媒介で受粉をしており、近年、彼らが生態系にも...
動物紹介

他のワニとの違いはわかる?アリゲーターに関する驚くべき13の事実

アリゲーターはワニの仲間です。一言でワニと言っても、実は大きく分けて3種類に分類されます。それが、アリゲーター、クロコダイル、ガビアルです。 まずはこの分類について説明した後、アリゲーターに関する驚くべき事実をご紹介します。
その他の生物

甲殻類の殻から作られる持続可能で高品質な蓄電池が開発されている

現在、蓄電池(バッテリー)は私たちの生活に欠かせないものになっています。スマートフォンなどの電子機器はもちろん、電気自動車や再生可能エネルギーを実現するため、蓄電池に対する需要は高まり続けています。しかし、これらの持続可能なソリュ...
その他哺乳類

ウォンバットの四角いウンチは、なぜ、どのように作られるか?

オーストラリアに生息するウォンバットは、カンガルーやコアラなどと同じ有袋類です。ウォンバットのメスは、他の有袋類と同じように育児嚢(いくじのう)に子供を入れて育てます。 しかし、彼らにはあまり知られていない特徴があります。それはウンチが角ばった立方体であるということです。彼らの変わったウンチは、なぜ、どのように作られるのでしょうか?
その他の生物

砂浜に落ちたゴミに見えるケーブル状の物体、実はムチカラマツというサンゴの仲間だった

砂浜を歩いていると、貝殻や海藻、木片などに混じって多くのゴミが落ちているのを見かけることがあります。しかし、何かのケーブルのように見えるこの黄色の物体は、ゴミではなくれっきとした海の生き物なんです。
昆虫

アリの嗅覚を利用した新しいがん検査法が研究されている

日本人の死亡原因の約30%が悪性新生物(がん)によるものです。 がんを発見するための検査は現在も行われていますが、がんの検査は高価であったり、身体的な負担を伴うものであったりと課題はまだまだあります。 そんながん検査に対する研究の一環として、アリを使った研究が行われているそうです。
その他哺乳類

まるでマシュマロ!シロヘラコウモリの可愛すぎる10の事実

シロヘラコウモリは、中央アメリカに生息する小さなコウモリです。その特徴は何と言っても全身が白い毛に覆われていることで、見た目はまるでマシュマロのようです。 恐らく、コウモリの中で最も可愛いであろう彼らの10の事実を見ていきましょう。
その他の生物

なぜ深海にはたくさんの巨大生物がいるのか?

深海や極寒の地では、海の生物(主に無脊椎動物)は巨大化することがあります。イカ、ウミグモ、マリンワームなど、さまざまな種の生物が近縁種を凌駕する大きさに成長するのです。なぜ深海ではこのような現象が起こるのでしょうか?
その他の生物

南アフリカのビーチに巨大なダイオウイカが打ち上げられる

南アフリカの海岸で犬を散歩させていた住民が、巨大なイカが打ち上げられているのを発見しました。それは最も大きなイカの一種であるダイオウイカで、体長は4mを越えていたそうです。
生物学

北米では大麻の合法化以降、ペットの大麻中毒が増加している

2018年、カナダで大麻が合法化され、アメリカでも合法化する州が増えています。 研究者たちはアメリカ、カナダの獣医師に聞き取りを行い、大麻中毒の症例数を調査しました。その結果、ペットの大麻中毒が増加傾向にあることがわかったのです。
タイトルとURLをコピーしました