サルは訓練によって鏡の使い方をマスターするようになるか?

サル

類人猿など限られた動物は鏡に映った自分を認識できると言われています。アカゲザルはそのメンバーには入りませんが、これが訓練によって変化することはあるのでしょうか?


以前の記事で、チンパンジーに鏡を見せたらどのような反応を示すのかという動画も紹介していますので、よろしければこちらも併せてお読みください。

\新しいチルスタイルの新型ベイプ/

サルは自己認識の重要なサインである「自分の姿を映し出すこと」をマスターする

不思議なことに、すべての動物が鏡に映った自分をすぐに認識できるわけではありません。類人猿、イルカ、アジアゾウ、カササギなどは、人間の2歳児と同じように鏡を見て自分を認識することができます。今、ある科学者たちは、この特別なクラブに別の生き物を迎え入れようとしています。この研究結果は、時間をかけて教えれば、他の動物も鏡の働きを学び、認知の重要なテストである自己認識をできるようになることを示唆しています。

カササギは鳥類のなかでも大きな脳を持っており、哺乳類以外では初めて、ミラーテストをクリアした

ニューヨークのハンターカレッジの認知心理学者であるダイアナ・ライス氏は、「この論文は、サルができないことだけでなく、サルが成功するためには何が必要かを示しており、実に興味深いものです」と言います。

鏡面自己認識テスト(MSR)は、自己認識をテストする方法として認知されています。科学者は、動物の見えないところ、通常は頭や肩に、色と匂いのないマークを付けます。鏡を見て、その印を自然に”こする”ことができれば、その動物は試験にパスとなります。合格した種は、”自分 “と “他者 “という概念を理解していると言われます。

しかし、研究者の中には、不合格は単に試験そのものが不適切であることの表れではないか、おそらく一部の動物が鏡の仕組みを理解できないからではないかと考える者もいます。アカゲザル、イヌ、ブタなど、鏡に映った自分を認識できない動物がいますが、食べ物を探すときには鏡を使います。この矛盾は、中国上海生物科学研究所の神経生物学者であり、この研究の著者の一人であるムーミン・プー氏※を当惑させました。「単純な鏡の使用と自分自身を認識することとの間には、何らかの移行があるはずです」と彼は言います。

※蒲慕明(ムーミン・プー)氏は中国出身の著名な神経科学者です

アカゲザルを使ったテスト

そこでプー氏らは、3匹の若いオスのアカゲザルに集中的なトレーニング・プログラムを行いました。各サルを鏡に面した椅子に固定し、研究者たちが近くのランダムな位置で赤いレーザーポインターを点滅させます。サルがその点に触れると、おやつがもらえます。時には、鏡を使わないと点が見えないこともありました。「サルは鏡に映った手が自分の手であることを学習しなければなりません。そして、鏡に映った手を見ながら、それを正確にコントロールする方法を学ばなければなりません。これが重要なのです」とプー氏は言います。対照となる他の3匹のサルは、反応するように訓練されていません。

数週間の訓練後、科学者たちはそれぞれのサルに古典的なMSRテストを行いました。無臭の赤、黒、緑の斑点をサルの頬か眉に塗り、全身鏡のあるケージにサルを入れます。訓練されたサルはためらうことなく、鏡を見たり、印をつついたり、指の匂いを嗅いだりした、と科学者たちは、米国科学アカデミー紀要に報告しました。何もつけずに放っておくと、サルは、鏡の仕組みを理解したものが起こすであろうと期待するような行動をとりました。前かがみになって自分の性器を観察し、口を開けて自分の歯を観察し、髪を丁寧にとかしたのです。「これは、彼らが自分自身を認識し、自分自身の体を見ていることを知っていることを示しています」とプー氏は言います。対照のサルたちは、これらのことを全くしませんでした。

「この訓練はサルの電球にスイッチを入れるようなものです」とライス氏は言います。自己認識クラブの動物でさえ、鏡について学ばなければならないのです。「サルが訓練から学んだことを、それらの動物は自分で学んだのです」

今回のテストに対し疑問の声

この研究は、ミラーテストの基礎となる精神的プロセスが霊長類全体で共有されていることを示唆していますが、サルがそれをパスするためには、より多くの情報を必要とすると、アトランタのエモリー大学の霊長類学者フラン・デ・ヴァール氏は言います。彼はこの研究に関与していません。

同氏や他の研究者は、訓練を受けていないサルがこのテストに不合格になり続けていることを指摘しています。

生物心理学者で、ユタ州カナブのキンメラ動物擁護センターの事務局長であるロリ・マリノ氏は、「これらはMSRテストのポイントである自発的、自己決定的行動ではありません」と言います。彼女は、この研究はテストの妥当性について疑問があると考えています。

研究の今後

次に、プー氏と彼の同僚は、ミラートレーニング中のサルの脳をスキャンして、どの脳回路がその過程で変化しているかを確認することを計画しています。一方、プー氏は他の科学者たちにも、他の生物種における自己認識の新しいテストを考案するよう呼びかけています。この能力は、我々が考える以上に一般的なものではないかと彼は考えているのです。

via: Monkeys master a key sign of self-awareness: recognizing their reflections | Science | AAAS

動物の学習という興味深いテーマじゃったな

学習の機会によっては動物はもっと賢くなるのかもしれん

コメント

  1. I may need your help. I tried many ways but couldn’t solve it, but after reading your article, I think you have a way to help me. I’m looking forward for your reply. Thanks.

  2. Thank you very much for sharing, I learned a lot from your article. Very cool. Thanks. nimabi

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

広告ブロックの拡張機能を無効にするか、doc-owl.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました